HOME   »  TVドラマ  »  息もできない夏11話最終回感想・ネタバレ

息もできない夏11話最終回感想・ネタバレ

ああああ。
ロマンスがないまま終わってしまったああああ。

息もできない夏
息もできない夏
posted with amazlet at 12.09.23
渡辺 千穂 (脚本) 水野 宗徳 (脚本) 千葉 美鈴 (脚本) 百瀬 しのぶ (ノベライズ)
扶桑社
売り上げランキング: 36336


途中から無戸籍の話がどこかいっちゃって、親子なのかどうなのかとか、アサミさんの嫉妬ぎりぎりって話になっちゃって、なんだか焦点がずれた感じに。

鮎川を出さなければよかったんじゃないかなあ。鮎川はあくまでも母親に暴力を振るった恐怖の対象であれば。
暴力を振るうって病気なんだよ、治らないんだよ。
鮎川をガンにして「死」ですべてを持っていくなんて。
いや、最後にれいちゃんが鮎川に言ったせりふはいい言葉だったけど。

「私のはじまりはあなたです───だから一生忘れません」

これってすごい言葉だよね。
自分がどこからきたのか、ずっと追い求めた玲。鮎川の子であることを絶望的なまでに拒んでいたけれど、それを認め、許した言葉。
人は二度死ぬ。
一度目は肉体の死、二度目は忘れられることでの死。
身よりのない鮎川は玲の記憶に、心の中に棲むことを許されたのだ。

しかしアサミと樹山と玲の関係がなあ。
私が夢見る乙女だからかもしれないが、たとえばさ、
「君には関係ない」
「私は樹山さんのことが……好きだから……っ」
なんて展開があっても嬉しかったんだけどな。

「樹山さん嬉しそうじゃない」

 あれだけ嫉妬メラメラだったアサミがその言葉で落ち着くっていうのも都合よすぎる感じ。
ちゃんと樹山に「このまま一緒になっても誰も幸せになれない」と言わせればよかったのに。

鮎川は死に、草野は自分探しの旅に出て、アサミは距離をおいて、樹山は区役所をやめて、さつきは留学を辞退して玲がパリに旅だって。

登場人物全部退却ですか。
なんかこう丸く収めなくても、どこか傷が残ってもよかったんじゃないかなあ。

恵まれた無戸籍児が玲だとすれば、草野くんは不幸な無戸籍児のすべてを背負ってもよかったんじゃないか。
たとえば交通事故にあって病院にいかなきゃいけないけど、健康保健証がないから病院にいかなくて、どこかの駅の片隅で丸くなって死んでしまって、戸籍がないから無縁仏として扱われて、最後に玲にタイトルも本文もないメールがぽーんと入って終わり、みたいな。

ああああ。自分で考えたのにあまりにも暗くて鬱。

しかし、このドラマで無戸籍児の存在を初めて知った、という人もいるだろうから、ドラマの果たした役目は終わったとも言える。
離婚後300日問題 無戸籍児を救え!離婚後300日問題 無戸籍児を救え!
毎日新聞社会部

明石書店 2008-08-21
売り上げランキング : 310565

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


拍手コメントありがとうございました。

りょうさん>お久しぶり! 「薔薇宮の悪夢」にコメントありがとうございました。博物館の仕事もおもしろそうですね。古代ペトラの恋愛もの、ぜひ読んでみてください。ヘビチヨさんのイラストも見どころですよ!
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON