HOME   »  よもやま話  »  拍手コメントありがとうございました。

拍手コメントありがとうございました。

今、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」の「高倉健という生き方」を見てるんだけど(再放送)、高倉健を目の前にした堤真一がまるで子供のようでした。
「孤高のメス」の医者とか、「容疑者X]の先生とか、「クライマーズハイ」の新聞記者とか、ちゃんと大人なのに、高倉健の前ではすげえ若造でびっくり。

高倉健のように私生活を見せない、俳優というスタイルを崩さないって人はもう少なくなりましたねえ。

「あなたへ」を観に行きたいなあ。富山舞台だし。

単騎、千里を走る。 [DVD]
東宝 (2006-09-22)
売り上げランキング: 2226


拍手コメントありがとうございました。


コメントありがとうございました」にコメントくださった方>確かに冒頭のシーンは残酷だったですね。ただあそこは演出としての残酷さ、と思ったようで私はスルーしてしまったようです。私が残酷だと思ったのは「個人」が「個人」に対して直接痛みを一方的に与えた―――バトルではなく、抵抗できない相手に対して―――斬りつけたあのシーンでした。あれはいやだったなあ。

年金にだまされた! に拍手くださった方>「きちんと説明して、戻してもらうべきだと思うよ年会費。クレームにすることで企業態度が改まることもあります。」
郵便局とカード会社にあわせて4回言ってくれぐれも説明不足にならないように指導するようにとお願いしました。

高塔さん>「年金にだまされた」にコメントありがとうございます。高塔さんも郵便局で不快な思いをされたんですね。
「クレーマーと呼ばれようと粘りまくって、返してもらうべきですよ~。」
いやあ、怒りを持続するにはエネルギーがいるんですよ。私、4回のクレームでもうくたくたです(笑)。

あ、ちなみにカード会社と郵便局両方に確認したんですが、今解約しても来年年会費は引かれないそうです。

母親が今、白内障の手術で入院しているので、戻ってきたら前の通帳も見て、何回年会費が引かれているか確認して、営業さんの名刺も探して、そして気力があったらまたカード会社か郵便局本局へ電話してみようと思います。

地域の郵便局では外回り営業というのはそこの郵便局からでているんではなくて、専門に派遣されているので地域の郵便局に文句言ってもだめみたいなんですよね。

となりのクレーマー―「苦情を言う人」との交渉術 (中公新書ラクレ)
関根 眞一
中央公論新社
売り上げランキング: 13863


こういうのってクレーム対応の本しかないんだね。クレームを言う側の、相手を納得させるクレームの仕方、とかないのかな(笑)。

拍手だけの方もありがとうございました!
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON