HOME   »  マンガ  »  マリー・アントワネットの料理人 1

マリー・アントワネットの料理人 1

ネタに惹かれて購入。
日本人の料理人がアントワネットと一緒にベルサイユにいるというだけで興味がわくじゃないですか。料理漫画好きだし。絵は好みではないけど。

いろんなフレンチ料理勝負を挑まれるサムライの料理人が日本で鍛えた技術で勝ち抜けるという、結局は日本料理最高という話なのか(笑)。

それはさておき、(おそらくは)ベルばらで誤解されたアントワネット像がいろいろとくつがえされるのはびっくり。

あの名セリフ「パンがなければケーキ(お菓子)を食べればいいじゃないの」が、世間知らずの代名詞みたいに言われていたが、この場合のお菓子・ブリオッシュというのが二級小麦で作られたための安価な食べ物である、というのはこの漫画で初めて知った。日本人の感覚からするとお菓子の方が高いから、単純に「主食のパン」がないから「高価なおやつのケーキ」を食べろ、という意味で、アントワネットの無知や傲慢さを笑ったものだと思ったのに。

また現在のフランス料理の基礎や、磁器をはやらせたというのも知らなかった。
贅沢は敵ではあるが、文化をつくるためには金がいるんだろうなあ。

マリー・アントワネットの料理人 1 (1) (ジャンプコミックスデラックス)
里見 桂
4088597370

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON