HOME   »  ニュースや世間  »  日本の外交力が高まればいいね。

日本の外交力が高まればいいね。

高塔さんから日・韓・中についてコメントいただきました。
普段あっぱらぱーに好き勝手書いているので年に一回くらいはまじめに日本のことを考えてみようかと思います。
まあ、あまり政治的な話をこのブログで語りたくはないのでこれで終いということで。

「中国と韓国だけが文句を言い続けているのは、両国が内政問題のガス抜きに対日批判を利用し続けているせいです」
そうなんですよね。自国のうっぷんを隣の国にぶつけてはらそうとしている。こないだの韓国大統領の言葉だって分かりやすいくらいあからさまで、こっちが恥ずかしいくらいだったです。

「韓国は戦後処理の時に、従軍慰安府の問題が表面化していなかったというのが一番の問題でしょうね。韓国側の言い分がすべて正しいとは言えないと思いますが、韓国の国民感情としてはなんとしても許しがたいことだと感じるのも無理のないことだと思います。韓国とは戦後処理で、今後いっさい文句は言わない約束で保証金を払っているわけですが、政治的にはその言い分は通っても、韓国の国民感情としては納得できない気持ちも分かります。」
従軍慰安婦の問題がニュースで流れた時は私も日本人の一人として申し訳ない気持ちになりました。日本人全てがそう思ったと思います。女性ならなおさらです。ただ、今までの韓国のやり方を見ていると、すべてぶちまけて謝ったとしても、韓国の怒り=賠償の上限は無限大ではないかと疑ってしまうわけです。
一回払っても何度も請求されるんじゃないかって不安になるんですよ。そういう不信感を韓国のやり方は日本人に植え付けてしまったのではないかと思います。

「韓国とは戦後処理で、今後いっさい文句は言わない約束で保証金を払っているわけですが、政治的にはその言い分は通っても、韓国の国民感情としては納得できない気持ちも分かります。」
気持ちは私もわかります。感情はどうしたって消せないものです。おかしいのは冷静になるべき政府が自国の民を炊きつけていることなんですよね~。幼い子供に日本の旗を燃やしたり、日本人を殺したりする絵を描くように指導したり、憎しみを植え付けたりするのは文明人としてどうだろうか。

子供に「他国の人間を憎ませる」という教育を平気で行なう、これは戦時中の日本もそうでしたが、それによって育った子供たちが特攻という悲しい行為に赴いていったわけです(特攻の人たち全てが望んで死にいったわけではないのは明らかです)。



戦時中の日本も正しい情報は与えられませんでした。自分で考え、判断することを許されませんでした。それこそがあの悲しい戦争を拡大し、終わらせることができなかった原因です。
韓国も中国も正しい情報を得ることがむずかしいのだと思います。先にUPしたyoutubeの映像を見ても、それでも政府の言うことが正しいと韓国の人が思うなら、それはもう「1984」という映画みたいに脳が固定されているとしか思えない(「1984」は独裁国で暮らす主人公が、体制と戦おうとするんだけど捕まって、拷問のあげく見えているものが見えなくなる話。あとあじがすごーく悪い映画だったよ)。

1984 [DVD]1984 [DVD]

video maker(VC/DAS)(D) 2009-12-29
売り上げランキング : 28910

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「戦後何十年も経ってから、アメリカが日本人を収容所へ隔離したのは間違いだったと認めて名誉回復を図ったように、日本も腹を括ってさっさと決着をつけるべきだったのです。それをできるだけの政治家が、今の日本にはすでにいないと言うことなのだと思うと、本当に情けないですけれどね~。」
やっぱりなにはともあれ外交力だろうねえ~。
「戦後何十年もたってから」というより「戦後何十年もたったあとでも」と評価できます。

(あ、前回、韓国を国際裁判にひっぱりだせば? と書きましたが、実は日本は1954年に1回、1962年に2回、国際裁判に委託しようぜ、と韓国に持ちかけているものの、三回とも断られているんだそうです。

韓国が裁判にでない言い分としては

「日本政府の提案は、司法的な仮装で虚偽の主張をする一つの企てにすぎない。韓国は独島に対して始めから領土権を持っており、この権利に対する確認を国際私法裁判所に求めなければならない理由は認められない」

ということだそうです。

つまり「独島は韓国のものなんなんだから口出ししないでよ!」という感情論なわけです。ちゃんと「こっちの持ち物はこれであっちの持ち物はあれだよ」と隣の大人が教えてあげようとしても、「これはこっちのだもん、最初からもってたんだもん!」と駄々をこねる子供のようです。



でも日本が中国や韓国に「本当はどうしてほしいの? どうすれば仲良くしてくれるの?」といっても絶対折り合いはつかない気がする(笑)。
そのときの大統領が条件しめしても、国民や次の政府で覆りそう。

国策では「真摯に接すれば誠意は必ず通じる」というわけではないですからね。
個人個人では通じるでしょうか、外交の背中には何億人という人の意志があるわけです。どの国も自分の国だけは守りたい。自分の国を有利にしておきたい。また、国同士が約束したって国民の感情はまた別な話になるわけです。

ただ昔に比べて日本と中国と韓国の関係はたしかによくなりました(国交断絶してた時代があったってことも若い人は知らないかもしれない)。だからこれから先未来もよくなるんじゃないか、と希望だけは持っていたいです。

あ、そして高塔さん、新刊ありがとうございました。高塔さんの新刊は警察BLですよ~。

夜を越えていく (リンクスロマンス)夜を越えていく (リンクスロマンス)
高塔 望生 乃一 ミクロ

幻冬舎 2012-07-30
売り上げランキング : 167035

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON