HOME   »  よもやま話  »  拍手コメントありがとうございました

拍手コメントありがとうございました

高塔さん>「終戦記念日に」にコメントありがとうございました。
「今回、中国と韓国で日本の対応が微妙に違ってるのは、両方に強気で対応するだけの力が、今の日本にはないからでしょうね……。そう思うと、まったく情けないです。それもこれも、どこかの大バカ鳩ぽっぽが沖縄の人達にこびを売ろうとして、基地の移転先は最低でも県外になんて、できもしないことを公約したあげく、アメリカの信頼を決定的に失ってしまったことです。日米同盟が揺らいだ隙に足もとを見られたんですよねえ。ああ、情けない~。」
問題は日本の外交力だと思うんですよね。何か一生懸命やっていらっしゃるのかもしれないけど、詳しく知らされない我々としてはどこの外国にも言いなりになっているとしか見えない。「竹島」に関して言えば、なんで韓国を国際裁判の場にひっぱりださないんだ、と。裁判の場に出てさえくれればちゃんと竹島が日本の領土ということで決着がつくのに。韓国がその決定を気に入るはずはないだろうけど、かえって負けてしまえば「え? そんなこと言ってたっけ」というお得意の芸を披露してくれるはずなのに。



靖国の問題にもコメントありがとうございます。
「ひとえにA級戦犯合祀の問題を日本が本気で解決しようとしないせいですよね。戦後のどさくさで、かなり確信犯的にA級戦犯も靖国に合祀してしまったのが、韓国や中国にとって許せないと思う気持ちも分からないではないと思うのです」

同じく「終戦記念日に」にコメントを下さった方、ありがとうございます。
靖国神社の公人の参拝を韓国や中国の人が不快に思うのは当然と思います

戦争の責任を個人に負わせるのも私的にはどうかと思うんですが、確かに「戦犯」と印をつけられた人を公人が参拝するというのは、今の時期にはまずいのかもしれないですね。でも文句を言ってくるのが中国・韓国だけってところがどうにも。先の大戦ではいろんなところに迷惑(?)かけてるじゃないですか、韓国中国だけじゃないですよね。他の国には補償も謝罪も終わり、過去のことは水に流そうっていうことになっているのに、どうしてこの二国だけは延々つっかかってくるのか。だから、もし分祀したとしてもやっぱり文句いってくるんじゃないかなーって。
(特に韓国にいたっては、反日がもうアイデンティティになっているようなものじゃないかと)
戦争の記憶を風化させてはいけないです、確かに。でも憎しみでコーティングするのは違うと思うんですよ。
戦争の愚かさ、無益さ、切なさを忘れず、二度と繰り返さないという誓いは絶対。でも憎しみだけに目がくらんだら、「憎しみの相乗」になってしまう。紛争が終結しないのは宗教や貧困ではなく、復讐の応酬だと、元傭兵の人が言っていたことがあります。
靖国には戦争に殺された人がたくさん眠っています。国を信じて死んでいった人です。
その人たちに祈ることは義務ではないけど、靖国がそういう場所であることは、日本人として心の隅にでもとどめておいてもいいんじゃないでしょうか。

関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON