HOME   »  読んだ小説  »  禍記

禍記

「禍記」田中啓文読んだ。

禍記 (角川ホラー文庫 (Hた1-3))
田中 啓文
4043465033



なにこれ、騙された!

帯に「謎の古史古伝に封印された人類誕生以前の世界とは!」とかあるから、そういう伝奇もの大好きなわたしはわくわくして読んだのに!
そういうの期待する人は読んじゃだめ!

なにこれ、ただのホラーを5つ並べただけじゃん!
しかも「ある存在」になる方法のネタかぶってるし!
間をつなぐ「禍記」に関わる編集者の話にしても、最後でめためた。意味不明。

こないだこの人の「水霊」って作品の映画化されたもの見たけど、それも思わせぶりに怖い描写があるだけで何の解決にもオチもなく、『この世には手を出してはいけないものがあるのじゃ』で終わりだったし。この調子じゃ原作もおんなじなんだろうなあ。
思わせぶりな怖い、気持ち悪い描写は確かに映像化しやすいだろうけど。

「禍記 」なんてものを大上段にかまえずにたんに『伝承から』とかにしておけばよかったんだ。「取りかえっ子」や「天使蝶」「怖い目」なんかの伝承がらみのアイデアはいいのになあ。とくに「怖い目」の生理的気持ち悪さったら。
「黄泉津鳥船」は星新一の匂いのするバカ話(当然ですが星新一がバカなのではなくて!)。「妄執の獣」は後味が悪いだけで恐怖としては小松左京の「石」の足元にも及ばない。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON