HOME   »  TVドラマ  »  サマーレスキューを観た

サマーレスキューを観た

サマーレスキュー~天空の診療所 日曜21時

summer_re.jpg

大病院で最新の設備を使い今まで誰も死なせたことのない優秀な外科医、速水圭吾(向井理)は上司からの命令で、夏の間、とある山の診療所で患者を診ることになる。標高2000m超えという厳しい環境では、検査機器や薬はごく僅か。寝る個室も風呂もない山小屋で呆然とするが、患者はほとんどいないということでとにかく1週間耐えればいいと覚悟を決める。
ところがいきなり骨折で出血多量の患者と肺気腫の患者がやってくる。
飛ばせるヘリは一人しか乗れず、どっちを優先するか判断を任されるが……

「岳」みたいに熱血な医者ががんばる話かと思ったら、設備がないと何もできないお医者さんがオロオロする話でしたよ(笑)。
結局どっちを優先するかも先輩が決めるし、看護婦に邪魔扱いされるし「僕はどうしたら~」とうろたえて、「患者さんの手を握って励まして」と指示される。
でもそこで彼は人間の生命力と励ましや思いによって持ちこたえる心を知っていく……

向井理がごく普通の若くて自信たっぷりだけど、困難に出会うtパニックになる困った医者をうまく演じている。
患者の手を握り名前を呼ぶうちに「ただの患者」から一人の人間へと向き合い、「わたし、死ぬんですかね」と弱気になる患者に「絶対助ける!」と心からほとばしる叫び。
命に対する尊厳と感謝を得ていく物語で、目が離せません。

この夏の期待大のドラマとなりました。

画像・動画引用 TBS「サマーレスキュー~天空の診療所」より
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON