HOME   »  読んだ小説
Category | 読んだ小説

読んだ小説 行きどまり 優しい死神の飼い方 石の記憶

行きどまり パトリシア・カーロン……△
前作の「ささやく壁」がおもしろかったのでこちらも購入したんですが、「うーん……」
視点の変わり方が不自然で、わかりづらい。
殺人現場を目撃した嘘つきの少年が里親に真実を訴えるも、里親も犯人かもしれないと思ったり、実際の犯人が少年を狙ったり、設定はおもしろそうなんだけど、「ささやく壁」で見たようなユーモアがあまりなく、結末も結局、運任せ的な部分があって、サスペンスとしては弱い。

行きどまり (扶桑社ミステリー)
パトリシア カーロン
扶桑社
売り上げランキング: 831,210


優しい死神の飼い方 知念実希人……○
すごい売れているらしい。
ゴールデンレトリーバーに変身した死神が、ホスピスに入院している患者たちの未練をときほぐす話し。
ホスピスなんでみんな死んじゃうのは最初からわかっているのである意味安心。
みんなの未練が結局同じ場所で起こった事件につながっていくのはおもしろいけどできすぎな気も。
主人公もそう思ったらしいが、それは「超越的存在のみわざ」で済まされている。
しかしゴールデンレトリーバーはずるい。そりゃあかわいいよ!

優しい死神の飼い方 (光文社文庫)
知念 実希人
光文社 (2016-05-12)
売り上げランキング: 11,376


石の記憶 高橋克彦……△
久々の高橋克彦の短編集。
1本、表題作の「石の記憶」が中編。
掲載雑誌が廃刊になったそうだが、どうして他の雑誌で書けなかったのかな。
担当編集者は他部署への働きかけや、他誌への紹介をしなかったのか。
作者自身ももっと働きかければよかったのに……ともどかしい。
ライフワークみたいにしたかったらしいんだけど。
高橋克彦の短編集では「緋い記憶」が好きだったんだけど、あれのようなパワーがない……

石の記憶 (文春文庫)
石の記憶 (文春文庫)
posted with amazlet at 17.02.04
高橋 克彦
文藝春秋 (2015-12-04)
売り上げランキング: 141,343


読んだ小説 虐殺器官 ささやく壁 からくさ図書館来客簿

ささやく壁 パトリシア・カーロン……◎

ささやく壁 (扶桑社ミステリー)
パトリシア カーロン
扶桑社
売り上げランキング: 1,728,019


意識ははっきりしているがまったくからだの動かない老婦人、人に貸した階下の部屋から、殺人計画が壁を伝って耳にはいってくる。
目を閉じて意志を発しようと思うが、あまりにもゆっくりすぎて周囲の人々に気づいてもらえない。
唯一、9才の少女がそのことに気づくが、彼女の言葉は大人たちに届かない……

主人公の老婦人のもどかしさやいらいらとした気持ちに同調し、進んでいく殺人計画にハラハラ。
絶望的な状況にも、どこかユーモアを持って耐える主人公がすてき。
あまりにもおもしろかったので、同じ著者の本をアマゾンで注文しました。


虐殺器官 伊藤計画……○

虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)
伊藤計劃
早川書房
売り上げランキング: 14,642


あまりにも早い死が惜しまれた伊藤計画さんのSF。
SFというよりアクションミステリぽい感じだったけど。
現在を描きながらも「人工筋肉」で動く機械や、すべてがタグ付けされた生活など、少しずつ違う世界。
世界で起こる大量虐殺を引き起こす原因をめぐって主人公が世界を駆ける。

ディテールに惹かれるけれども、主人公に違和感。
世界の描写は乾いているけど、主人公がウエット。
アメリカ人ぽくない。
最後の決断もなんとなく日本人ぽい。

からくさ図書館来客簿 仲町 六絵……△

からくさ図書館来客簿 ~冥官・小野篁と優しい道なしたち~ (メディアワークス文庫)
仲町 六絵
アスキー・メディアワークス (2013-05-25)
売り上げランキング: 238,632


迷ってしまった死者を送る図書館、という設定。
館長は有名な小野篁。
図書館にくるひとたちはいいんだけど、肝心の主役がちょっと弱い。

「〆切本」 心のお薬

こんな本を買ってきた。
RIMG0421_R.jpg

まだ内容は読んでないんだけどカバー見返しを見るだけで
「あーあーあー」となる。

RIMG0422_R.jpg

RIMG0423_R.jpg

RIMG0424_R.jpg

RIMG0428_R.jpg

「あーあーあーあー」

この本のセンスがいいのは
一番最初のページが白川静博士による「締」と「切」の文字の解釈が乗っているところ。
これだけで笑っちゃった。

漫画も載ってます。

RIMG0427_R.jpg

RIMG0426_R.jpg

これ拡大して貼っておこうかな(笑)。

いやもう、私も昨日の朝、「神様の子守4巻」の原稿がようやくあがって、〆切かなり遅れてしまって。
分量的には書ける日にちだったんだけど、書きたくない、書けない。
ネタがでない。
今回ほんとに時間がなくて、普段プロット作ってから書き始めるのに
五本の話のうちできてたのが三本だけの見切り発車。
案の定、三本かいたらぱたっと書けなくなって、ほんとになにも思いつかなくて
たぶん3日くらいなんもできなくて。
平喜屋で有料試飲会があって、そこで日本酒飲んだらベロベロになって翌日二日酔いで動けなくて
また2日ほど無駄にして。
なんども諦めようと思ったけどなんとかできました。
あとは初稿を1日で戻せば10月発売になるかもしれません。

10月のいつ発売かはわかりませんが。

これからは編集さんにがんばっていただきます。
よろしくお願いします。

RIMG0429_R.jpg

RIMG0425_R.jpg

〆切本
〆切本
posted with amazlet at 16.09.17
夏目漱石 江戸川乱歩 星新一 村上春樹 藤子不二雄Ⓐ 野坂昭如など全90人
左右社 (2016-08-30)
売り上げランキング: 82



異世界でアレコレする

いわゆるネット発の異世界冒険ものという小説を3本続けて読んでみた。
いずれも「小説家になろう」というサイトで更新され、書籍になったものだ。
別にWEBで読めばいいじゃんと思うが、WEBだと頭に入らないし、ネットがつながらない場所だと読めないので、やはり紙の本がいいのだ。

結論から言えば、1冊はだめだった。落書きみたいな小説で、しかし3巻まででているのだ、おそろしい。

2冊はおもしろかった。

「異世界食堂」
基本、異世界の人がこちらの食堂に来て食べて帰るだけの話。
ほんとに食べに来て帰るだけの話。
なぜかおもしろい。
異世界の人の背景も食事にまつわる思いでもエピソードもないのだが。
人情のない「深夜食堂」とでもいうか。
でもおもしろい。
食堂で出される食べ物がなじみのあるメンチとかエビフライとかカレーとかビーフシチューとか、味がわかりやすいもののせいかもしれない。
文章もちゃんとしていて読みやすい。

異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)
犬塚 惇平
主婦の友社
売り上げランキング: 3,906


もう1冊が「異自然世界の非常食」。
家ごと異世界にとばされたが、なぜかネットはつながるというご都合主義便利な設定で、異世界の動植物(妖精含む)を料理してサバイバルする話。
作者は実際車中生活をして文明の利器に頼らずサバイバルしている人らしく、設定こそとんでもないが料理や自然相手の描写がリアルだ。

異自然世界の非常食 1
異自然世界の非常食 1
posted with amazlet at 15.04.15
青井 硝子
KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング: 85,305


だめだった1冊目はまったく地に足がついておらず、しかし、設定はおもしろいのでなんだか悔しい。

改めて周りを見渡してみると、ほんとに異世界ものが多い。
というか、アルファポリスをはじめとしてソフトカバー本のほとんどが異世界ものだ。
だいたいが「小説家になろう」からでているというのがすごい。
ふつうの人が異世界にいって活躍する、という設定はどうしてこんなに人をひきつけるのだろう?
現実世界では力もなくつまらない「私」が異世界ではヒーロー、ヒロインになれるというのがいいのだろうとは思うが、それにしても数が多すぎる。

そうは思いながらも私もひとつ異世界ものを描いてみたいと妄想だけはしてみるのだ。

そういや異世界グルメものが多いのも最近のはやりらしい。
うちの「小町蕎麦」も異世界にトリップさせようかな……。

異世界料理道 (HJ NOVELS)
EDA
ホビージャパン
売り上げランキング: 48,093

異世界居酒屋「のぶ」
蝉川 夏哉
宝島社
売り上げランキング: 73,798

異世界コンシェルジュ―ねこのしっぽ亭営業日誌
天那 光汰
アルファポリス
売り上げランキング: 99,002

異世界でカフェを開店しました。 (レジーナブックス)
甘沢 林檎
アルファポリス
売り上げランキング: 60,109


そういや「ログ・ロライズン」も食べ物で世界を救う話しだったよな(←ちがいます)。

おとぼけ同心と小町姉妹―夫婦桜 (コスミック・時代文庫)
霜月 りつ
コスミック出版
売り上げランキング: 86,134


「海の中」 有川 浩

「生存者ゼロ」に続き、自衛隊パニックものといえばこちらも。こっちは「生存者ゼロ」よりもう少しさわやか。「生存者ゼロ」が敵の正体がなかなかわからないのに比べ、こっちは開始数ページでもう判明する。
巨大なザリガニ。
これが硬い甲良をもち、巨大なはさみで人を切り刻み、むさぼっていく。
このザリガニに追いつめられて潜水艦にたてこもった海自の二人と小中学生たち。それから陸上でザリガニと立ち向かう警官たちが交互に描かれる。
ザリガニ自体は自衛隊の火気ですぐに退治されるんだけど、この自衛隊が出てくるまでが話のひとつの肝。警察から自衛隊に覇権を移すのがなかなかうまくいかないのだ。

あとは狭い潜水艦内で自衛官と少年少女が巻き起こす騒動。決してギャグでなく。
少年少女たちの確執や愛憎、自衛官たちの対応、紡がれるロマンス。

残酷な描写もあるけれど読後感はさわやか。
図書館戦争は未読だったけど読んでみようかな。

海の底 (角川文庫)
海の底 (角川文庫)
posted with amazlet at 14.12.11
有川 浩
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 5,601


「生存者ゼロ」 感想と希望

「生存者ゼロ」を読んだ。
陸上自衛官三佐はテロを疑われた海上の石油採掘プラットフォームで無惨な血塗れ死体を目撃する。
一瞬で十数人が死亡した感染症なのか?
調査のためにアフリカからコカイン中毒の細菌学者が呼ばれる。
しかし一月後、今度は北海道のある地域、標津町が一晩で全滅する。
そして被害は北海道全域に広がり始める。
政府は北海道を見捨てるのか?

未知の恐怖に人々は立ち向かうすべもなく、飲み込まれてゆく……

生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
安生 正
宝島社 (2014-02-06)
売り上げランキング: 8,002


というパニックサスペンスもの。バンデミックなら感染列島を思い浮かべるかもしれないけれど、後半はなんというか、怪獣ものというか。スペクタクルでワクワクするぜ。

とりあえずこれを映画にするときは、感染列島でも細菌学者を演じた藤竜也に狂気のヤク中ドクターをやってほしいな。
気鋭の博士がライバルの陰謀で研究所を追われ、アフリカで妻子を失い、その苦痛から逃れるためにコカインに手を染める。
薬が効いている間は冷静な学者だが、切れると神を名乗り凶暴になる、というキャラクター。

最近はひょうひょうとしたおとぼけじいちゃんの役が多いけど、感染列島のときも「ウイルス分離だ!」というシーンで狂気を見せてくれたし、昔はギラギラした感じだったんだから絶対イケると思うんだよね。
それに薬で冷静になったドクターは「妻と子の記憶を忘れたくない」と永遠の悔悟に苦しむんだ。
藤竜也は派手な演技ではなく抑えた言葉や視線だけでそういう感情を見せてくれるんだよ。つらいとき、くるしいとき敢えて微笑むような、ね。

相棒の三佐には佐藤浩市とかいいな。二人で殴りあってくれ。
この三佐も部下を死なせた苦しみにとりつかれている。
苦しい男二人が巨大な死に立ち向かう図を見たいとは思わないか?

感染列島 スタンダード・エディション [DVD]
東宝 (2009-07-24)
売り上げランキング: 38,515


今こそ読むべき 「紙つなげ!彼らが本の紙を造っている」

2014年7月。
ジュンク堂に入った瞬間、この本のポスターが目に飛び込んできた。
次には平台でこの本を探し手にとっていた。
これは買わなきゃ。今、買って読んでおかなきゃ、と。

kamituge.jpg


震災があったあの2011年。私の周辺でも紙やインクが足りないらしい、本が出せないかもしれない、という噂は聞いていた。
しかし、本はまだんなく印刷されていた。
私達はこの本を作る紙がどこからきたのか、どうやって作られているのか知らない。
私は文筆業も編集もやったが、知っているのは印刷会社までだ。
印刷会社には紙はある。しかしその紙もまた製紙会社で作られているものだ。

震災で東北石巻にある日本製紙石巻工場が被災した。
たかが工場一つとはいえ、その工場で出版物に使う紙の1/4が作られているとしたら。

日本の出版業のダメージはすさまじい。

最新鋭の紙を作る機械は戦艦大和と同じ大きさで、スカイツリーと同じくらいの値段だというから、その規模がわかうだろう。
この機械は1日1000㌧の紙を作り出す。
1000㌧と言ってもピンとこないが、文庫が400万部で1300㌧と言えば少しはわかるかもしれない。
毎日毎日文庫を300~400万部作ってるのだ。

その供給が止まってしまった。

この本はそんな巨大工場の被災と復興を描いた本だ。

本の手触りを、紙をめくる快感を、
書棚に並ぶ本の背を愛する人は、
とにかく読め。


なお、この本の売上の1部は小学校の図書室の図書の購入代に充てられる。

紙つなげ!彼らが本の紙を造っている [ 佐々涼子 ]

価格:1,620円
(2016/3/14 14:47時点)
感想(5件)




本は8章とプロローグ、エピローグからなっている。
各章では工場で働く人たちのいろんな部署での立場からの絶望と希望を、被災と復興を描いている。
工場の責任者、総務、警備部、電気、ボイラー、野球部、社長、関連会社、そうした人たちが自分たちの仕事を、打ちのめされながら、困惑しながら、復興に向けて戦っていく。
工場内に入りこんだ瓦礫や土砂を、スコップで、手で、スプーンでかきだしてゆく。紙をつくるときの粘液をひしゃくでドラム缶100本分以上もすくいだす。
流されたロール紙を120箇所以上にわたって撤去しにいく。
水を含んだ紙は重く、崩れやすいので鎌で切れ目を入れ手でちぎっては撤去するのだ。
被災した紙がどんな状態になっているかなんて、誰も知らなかっただろう。
工場内には流れ着いた遺体もたくさんあった。その遺体を運び出すのは自衛隊ではなく、工場の人達だった。

さまざまな困難を乗り越え、8章でようやく最初の機械が動き出したシーンでは目頭が熱くなってしまった。

わたし達は知るべきなのだ。

愛する本がどうやって作られるか、日本の文化を支える紙がどうやって作られるのか。
電子書籍もいいかもしれない。
でも本は決してただの情報ではない。

形となって手にしたとき、大量に出版されたものだとしても、それが図書館、古書店のものだとしても、世界にひとつの私だけの本なのだ。



小説「螺鈿迷宮」

小説「螺鈿迷宮」を読みました。
これはこれで面白い。
田口先生出てこないけど。

「終末医療を扱っている」
「この病院では人が死にすぎる」
「桜宮家の一人が死んでいる」
「病院を訪れて行方不明になった人がいる」
「死をコントロールする」

キーワードはこれだけで、あとは違う話になっているけど、プロットは一緒だと思っていいのかな。

私がこないだ書いた話もキーワードは、
「豪華客船が出てくる」
「船の中で出会った男女が恋に落ちる」
だったのに、最初に考えたものとできあがったものはまるっきり違ってたものなあ。
でもプロットとして「豪華客船で出会った男女が恋する」は同じなのよね。

というわけで三冊目のマリーローズ文庫、白雪真朱名義の「ロマンスは船の上で―――低気圧伯爵とラジオ娘」は4月21日発売です、お楽しみに。

ええっと、小説「螺鈿迷宮」ですね。
ドラマと一番違うのはぐっちーが出てこない、というところではなく、患者の描写がほとんどないというところでしょうか。
おばあさんたちはでてくるんですが、ドラマほど一人一人に寄り添ってない。
描かれているのは桜宮一族の人たちの謎、現代医療が抱える問題と国の方針の対立。
あと珍しく弱気な白鳥さんが見られます。

これは本当はドラマより映画向けの題材だったかもしれませんね。

新装版  螺鈿迷宮 (角川文庫)
海堂 尊
角川書店 (2013-07-25)
売り上げランキング: 6,240




プリシラブックス発売!

新潮社から女性向けレーベル「プリシラブックス」が発売されました!

第一段は南潔先生と青砥あか先生です。表紙は新しく描きおろしですよ!

恋獄トライアングル (プリシラブックス)
恋獄トライアングル (プリシラブックス)

ハレムの花嫁は蜜約に堕ちる (プリシラブックス)
ハレムの花嫁は蜜約に堕ちる (プリシラブックス)

大人の女性の恋愛ドラマをお楽しみください。

毎偶数月発売で、10月には拙作「悪魔の飼いかた」が発売されます。
「悪魔の飼い方」には購入者さま特典つきますよ! 

これからもよろしくお願いします!

priscilla-banner.jpg




4月1日だからさ

そういえば、日本の学校は作文や論文の書き方は教えるけど、小説の書き方は教えないなあ。
詩に接して「じゃあ詩を書いてみましょう」という授業はあるけど、できあがったものは「詩」なのだろうか。
そもそも「詩」とはなんなのかは教えない。
「俳句」や「短歌」も習って作ってみるけど、上記の場合、「季語を使う」「5・7・5」「5・7・5・7・7」である、という形式さえあっていれば俳句や短歌であるが、それが上手かどうかは判断されない。

そして繰り返しになるが、国語の教科書でさんざん「お話」を読んでも「お話作り」を教えるところはない。

もちろん、最近の学校教育はバリエーションが増えたからそういう授業もあるかもしれないが、私は教わらなかった。
小中高と、大学に行っても教わらなかった。

日本では(世界は知らないが)小説を作る、考えるということは学問ではないのだ。
いや、べつに学問にしなくてもいいけど、学校の授業が子供が大人になって生活に困らないようにするためなんだったら、小説家というのは1つの立派な職業であるし、猟師になるよりは間口も広いし成功しやすそうである。

マンガについての教育機関のある大学・短大は21もあるのに(ウイキ調べ)、小説の作り方を教える大学は……文芸学科っていうのか? それは11しかない(小説創作の指導が行われている、とわざわざ書いてあったのは法政大学だけだった、大阪芸術大学もやってそうだな、ウイキ調べ)。
小説家になるには専門学校の方が多いんだろうな。
小説家になるための勉強が少ないのは、決まった型がないからなんだろうな。マンガは絵やコマ割や演出などを教えることができるけど、小説はそういうわけにもいかない。この話には起承転結がありませんね、くらいはいえるけど、起承転結がなくったっておもしろい話とかもあるし。

「お話」作りというのは世界で一番簡単で誰にでもできる作業だ。
 でも訓練しないと人に読ませる話というのは作れない。
 型を決めることを勧めるわけではないのだけれど、基本的な書き方くらいは小中でやっておけばいいんじゃないかなあ、とピクシブの二時創作小説を読みながら思ったりする。

ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)
ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)

新装版 冲方丁のライトノベルの書き方講座
新装版 冲方丁のライトノベルの書き方講座 (このライトノベルがすごい!文庫)

すごいライトノベルが書ける本 
これで万全! 創作テクニック

すごいライトノベルが書ける本 ~これで万全! 創作テクニック

書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)
書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)

最後のは「書きあぐねる」という言葉の意味がわかっている人に。(笑)。
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON