HOME   »  年金・確定申告・税金など
Category | 年金・確定申告・税金など

リボ払いカードの罠

先日P-ONEカード(ポケットカード)の請求書を見て驚きました。このカードはリボ払い専用カードなので最近ほとんど使っていなかったのですが、うっかりISPの半年に一度の支払いの引き落としに使っていたんですね。
その代金が1800円。
普通1万円以下のものはリボ払いにならないんですが、これがリボ払いにされていて、1800円引き落とすのに手数料22円とかかかっているんですよ!!
なんで?? リボしてないじゃん! と電話したら、リボ払い専用だから1円でも利用したらリボ用の手数料がかかるとのこと。

聞いてないよおおおお。

そんな説明もっと大きな字で書いておいてよ!!
確認したけど申し込みの際の最初の画面には1%割引だのポイント付与など書いてあるけど、10000円以下でも手数料発生なんて書いてないよ!!
規約のとこなんか計算むずかしくて読んでないよ! 1万以下でリボにしなくても手数料は発生しますよとどこかに書くべきじゃない?
そっこー解約しました。
で、そのときなんですが、解約のダイヤルは実にスムーズに解約手続きできるんです。
そして解約の理由を聞かない!
つまりお客様の不満、解約にいたる理由を必要としないわけです。

このサービス戦国時代に信じられないていたらく。

ていたらく=ありさま。ようす。ざま。現在では、ののしったり自嘲をこめたりして、好ましくない状態にいう。

「解約の理由は聞かないんですか?」
「はい」

私は不満を述べましたがテレオペの方もすごく不満そうな相槌を返すだけで、おそらくこんなクレームに対応するマニュアルも用意されていないんだろうな。だって理由を聞くという基本的な返しもないんだもん。

だめだ、ポケットカードはだめだ。

こないだ、長距離バスの予約をWEBからしたさい、最初に片道だけ予約して、あとから往復予約すれば50円安くなるのに気づいてキャンセルしたらキャンセル料1000円発生しちゃって、ぎゃああああと電話してどうにかしてくださいって泣きついたら、WEBのクレジットカードのシムテム上むずかしいって言われて、でも上と相談するってオペレータのおねえさんが言ってくれて、しばらくして電話かかってきて、往復の予約をしてそれが確認できたらOKって言ってくれて、つまりどうにかしてくれた「WILLERバス」とは大違いだ!!
長距離バスなら女性専用車両があったり、座席が寝やすくなっている「WILLERバス」がおすすめです。

遺族年金 退職年金

母親は退職年金というのをもらっていた。
長年公務員として働いたので共済年金というやつだ。
ところが父がなくなったので、今度は遺族共済年金というのになるという。

その遺族共済年金の書類がきて母親はびっくり。
なんと年金の額が半分近くに減っていたのだ。
それであわてて年金の処理をしているところに、遺族共済年金ではなく、退職年金に戻してほしいと電話をした。
その後それがどうなっているのか聞いてほしいというもので、わたしがその地方職員共済組合というところに電話をしてみた。

すると、年金受け取りには3種類から選べて

1 遺族年金のみうけとる
2 退職年金のみうけとる
3 遺族年金と退職年金の半分を受け取る

じつは地方職員共済組合は一番額の多い3番の遺族年金と退職年金半分の処理にしておいてくれた。
で、その半分の退職年金の書類の送付が遅れていただけだったのだ。
3月7日に到着するそれを見れば、受け取れる年金が去年とそう変わらないことはわかったはずだ。
母親の早とちりだった。

しかし、父が亡くなって父の分の年金が支払われないのに、退職年金が半分になるというのはなんだか納得がいかない。遺族共済年金は遺族共済年金、退職年金は今まで働いた分として全額もらってもいいんじゃないのかな、と思うけど……。

追記

地方職員共済組合さんは遺族共済年金と退職年金半分のところを間違って、遺族共済年金と退職年金全額を支払ってしまったので過払い分を今度引き落とすんだそうです。
しっかりしてくれ。





僕の死に方 エンディングダイアリー500日
金子 哲雄
小学館
売り上げランキング: 186



準確定申告と寡婦控除

わすれないうちにメモ。

本日父親と母親の確定申告に行ってきた。
父親は昨年亡くなったので「準確定申告」というのをしなければならない。
「準確定申告書」は国税庁のこちらからダウンロードできる。

これに相続人全員の住所氏名職業を書いて、代表者一名の氏名を書いて、父親の確定申告書に添付する。

確定申告は会場で職員の方につきっきりで書き方を教えてもらえる。
パソコン入力をしようと思ったら、「準確定申告」の場合は

手書きでしかできないとのこと。

準確定申告書とは別に確定申告書も記載。名前のところには
亡くなった父の名前と、相続代表者●●として私の名前も書く。

亡くなっていてもちゃんと医療費控除が受けられ、還付金が戻ってきた。
母親の口座にいれてもらおうと思ったが、代表相続人をとりあえず私にしていたため、私の口座にはいることになった。

還付金が欲しい人は、代表相続人にならないとだめ。

次に母親だが、前年は年金収入が400万以下だったため確定申告の必要なし、市民税の申告だけしてくださいとのことで、今年も市役所に市民税の申告に行ったら、寡婦控除というのが受けられると市役所で言われた。

確定申告の会場でいわれなかったのは、「寡婦」じゃない人もいるので、そういうデリケートな話は
こちらから言い出さない限り向こうからは言わないそうだ。

寡婦控除は、女性の納税者が所得税法上の寡婦に当てはまる場合に受けられる所得控除です。
控除できる金額は27万円、特定の寡婦に該当する場合には35万円です。

また、母親は去年具合が悪く医療費が28万ほどになっていたため、市役所の人が「だめもとで」と言いながら確定申告の画面をいじってくれた。そうするとなんと1万7千円ほど還付されることがわかった。

市役所の人はそのまま確定申告の書類を作ってくれてE-TAXで送信。

そんなわけですから「寡婦控除」はちゃんと自分から言わないとだめです。






年金にだまされた!!

母親が三年ほど前にゆうちょのクレジット機能付キャッシュカード(JP BANK カード)を手に入れた。
実は母親は普通のキャッシュカードがよかったのだが、外回りのゆうちょの営業さんが作ってきたのがそれだったのだ。
「困るわあ、こんなん。使わんのに」
と母親は言ったが、なにかと便利だ、と言われて仕方なく受け取ったらしい。
まあ、営業の人もサインさせるとき一応さらっと説明はしたんだろうけど、母親にとっては予想外のカードだったようだ。

JP BANK カードは年会費を払わなければならないが、営業の人は「年金をゆうちょでうけとれば、払わなくていい」と説明したらしい。

が、しばらくして母親は年会費が引かれていることに気づいた。

母親はそれを指摘し、年会費を払いたくないからクレジット機能をやめたいと言った。
このとき営業さんは「わかったちゃ、いいがにしとくちゃ」と答えた。

ちなみにこれは「わかりました。お客様のご希望どおりにいたしましょう」という意味である。

富山の方言である「いいがにする」という言葉は実に汎用性が広く、便利な言葉だ。
いろんな場面でいろんな意味に使うことができる。
たとえば、

「ベッドの上、いいがにしといて」

これは「きちんとベッドメイクしておいてください」という意味であり、

「そのことなら、おわがいいがにしとくちゃ」

これは「その件でしたら、私があなたのご希望どおりきちんと処理しておきましょう」という意味であり。

「本棚、いいがにしられ」→「本棚の本をならべて」
「部屋、いいがにしとかんと」→「部屋の中をかたづけておかないと」
「顔、いいがにしられんか」→「化粧をしなさい」

など、「いいが」という言葉はそのシチュエーションにおいてほぼすべてに使うことができる。

意味的には「きちんと」「希望どおり」と訳せるだろう。

話がそれたが、営業さんが母親の希望どおり「いいが」にしたかというとそうではなく、それっきりになっていたらしい(母親談)。

先日母親がJP BANK カードを持っていることに気づいた私が「おかあさん、クレジットカードなんかもっているんだ」と言うと、「年会費が引かれるから辞めたい」と言う。
私も母親がクレジット機能を使わないのは知っていたので、じゃあ解約の手続きするよ、と郵便局に行ってみた。
すると郵便局の窓口で、ゆうちょの通帳を見られて、「年金を受け取っているから年会費は引かれませんよ」と言われたのだ。

「ん? じゃあ、母親が何か勘違いしているんだろうか」

私は母親と営業さんの昔のやりとりはしらないから、郵便局の人の言うとおりでたぶん母親が何か勘違いしているのだろうとそのまま帰って来た。
ところがあとで家で通帳をちゃんと見ると、(そう、このときは病院の帰りだったからちゃんと見なかったんだよね) 「ゆうちょクレジット」という名前で4月に引き落としがある。

ゆうちょクレジットってなんだ? 郵便局では引かれないと言ってたから、もしかして母親が知らぬ間にクレジット機能使っちゃったの? 明細わかるかな、と今度はカード会社に問い合わせをしてみた。

すると。

やはり年会費だった!!

えええー? だって年金受け取りをゆうちょにしたら引かれないんだよねえ??

驚く私に電話の向こうのオペレーターさんが「年金の種類はなんですか」と聞く。
で、通帳に書いてあったのが「キョウサイネンキン」。

「共済年金は対象になりません」

な、なんだってえええええ!!!

あわてて郵便局に戻ってクレーム説明したよ。
ちゃんと窓口の人も通帳見ているのになんで気づかないの?!
営業の人もちゃんと「共済年金は対象にならない」って説明してよ!
「年金」とだけ言ったら国民年金だって共済年金だって一緒に思っちゃうじゃないの!!

って言うか窓口の人、知らないみたいだったし!!
共済年金が対象外だって!!

いらないよ、タオルセットなんて!!
それより2年間払った年会費(初年度は無料)返してよ!!

全然いいがになってない!!

いいですか?
年金にもいくつも種類があります。
国民年金・厚生年金・共済年金・厚生年金・税制適格退職年金
このうちゆうちょのJP BANK カードで年会費が無料になるのは

国民年金と厚生年金だけです!!

郵貯の営業さんが「年金」と言っても、共済年金は含まれませんので、気をつけてくださいね。
※ 公共料金の支払いでも無料になります。

母親は実は今年の8月にお願いされて国民年金もゆうちょ受け取りにしたから、実は来年からは年会費無料なんだけど、腹がたったし、クレジット機能付キャッシュカードを落としたり紛失したりするのも怖いのでやっぱり解約して普通のキャッシュカードにすることにします。

おまけにですね、年会費無料の条件が、「ゆうちょ銀行の口座で、「年会費請求月」の3か月前を起算月として、過去2か月間に1回以上、ご利用があること」なので、4月の引き落としの場合、1月に年金を受取口座にしてないと認められないので、8月に年金を受取口座にしててもだめなんですよ。今やめても来年の4月にまた引き落とされるんです。
明日もう一度郵便局かカード会社へ交渉してみようかな……だめだろうけど。

追記 9/19

クレジット機能の解約についてはすぐに処理されるため来年の年会費は引き落とされない、とカード会社も郵便局の窓口の人も約束してくれました。

営業の人の名刺を手に入れたので、近いうちに「株式会社ゆうちょ銀行 富山店 渉外部」に電話してみるつもりです。

年金生活の確定申告

なんのこっちゃと思われたかもしれないが、うちの両親だ。
二人とも定年退職で年金生活者である。
はっきりいってけっこういい額の年金をもらっている。

ところで今年から確定申告が少し変わった。
どこが変わったかというと、年金が400万以下の年金生活者は確定申告しなくてもよいという制度だ。でも、父親は入院してて医療費がかかるので還付金目当てで確定申告をしてみた。

ネットで国税局にアクセスして用紙に入力。
うむ、計算できた。還付金は2万円ちょい。少ないけどないよりましだ。

ところがなぜかプリントアウトができなかったので、結局確定申告会場のパソコンを使ってやることになった。
めんどくさいなー。
職員の人がマンツーマンでついてくれるけど余計なお世話。

パソコンはお手の物だぜー、ヘルプなんかいらねーぜ! とサクサク入力していったが、みていた職員の人が医療費を見たのか、「お父さんは障害者ですか」と聞く。確かに介護を受けている。
そう言うと、障害者の欄にチェックをいれろとおっしゃる。
そこにポチとチェックをいれるとなんと還付金が5万円になったではないか!!

2倍だ!

しかも母親の医療費も見て、「400万いってないので確定申告の書類は必要ないですね、市役所で住民税の手続きをすれば今年から税も安くなりますよ」と。

医療費・生命保険を申告すれば安くなるんだそうだ。

会場で作ってよかった!!

以前母親が役場の人に「夫が要介護なんだけど、なにか控除されないのか」と聞いたときは、「なにもない」と言われたそうなんだけど。
その言葉を信じてたから障害者の欄とか見なかったんだけど。

そんなわけで介護の認定を受けている人は、「医療費控除」はもちろんだけど、

その下の 「勤労学生、障害者控除」の欄 もチェックしてね!

(勤労学生ってのが紛らわしいよね)

これが終わったあとは私の確定申告だ。
(「減価償却」の欄で今ひっかかっている。毎年ひっかかるんだよね、去年の探さなきゃ)





確定申告のために

そろそろ確定申告の季節ですね。私は昨日ようやく領収書の整理をしました。
今年、節電のために魔法瓶を買ったのですが、それも消耗品として経費で落とそうと思ってます(笑)。

300万円以内のマンガ家小説家などフリーランス、クリエイターのための確定申告は白色。
こちらが役立つかも。









確定申告

確定申告のために一年分の領収書の仕分けをして計算した。笑えることにそんな作業に四時間近くかかった。

ときどき検索で「文筆 確定申告」できてくださるかたがいるけど、役に立てません。ほとんど帰ってきませんので。うーん、一万円以内かなあ、帰ってきても。

とりあえず「資料代」として書籍や映画や美術展の領収書はつっこんでる。
「旅費・交通費」はもちろん全部領収書もらってる。
「消耗品」は今年はキーボードやモペラやパソコンを買ったのでかなり高額になった。パソコンは減価償却費じゃないの? と言われそうだけど、中古で買った8万円台のもの。10万以下は消耗品なのだ。
「通信費」には郵便やメール便・宅配便代。ネットで調べたら電話代もいれてよかったんだ、今までいれてなかったな。ネット代をいれたいところなんだけど、うちのマンションの管理費に含まれちゃってるからいれられない。かわりにサブで使っているネット代(実家で通信するダイヤルアップのネット代)をいれる。
「接待交際費・打ち合わせ代」……これはまずしいクリエイターにとってのご褒美だと思っておこう。
「光熱費」は自宅が仕事場だからいいよね、いれても。家を事業所として使用しているので住宅ローンの控除が受けられないからそのくらいはさ。

いや、住宅ローンの控除って最近調べ始めたのよ。でも控除が受けられるのはサラリーマンだっていうし、給料もらってても自宅の使用率が9%以下じゃないとだめだっていうし。なんか必要書類とかも大変そうだし。

知らなかったのが「社会保険控除」。
年金保険料の控除のお知らせはくるからそれをいれるのは知ってたんだけど、国民健康保険料もいれていいとは…!!
去年とおととしいれてないよ、それ!
その前まではアイカタちゃんにやっててもらったから知らなかったんだ。
去年これをいれてたらもう少し還付金がUPしてたよ、くやしいいいいい。

ところで項目に「雑費」ってのがあるんだけど、以前はここに資料代や消耗品代をいれてた。でも資料代を独立させたので使わなくなった。項目って自分で作っていいんだよ。

…お、今回はもう少し還ってきそうだぞ!!


拍手コメントありがとうございました。

アイカタちゃん>人の言うことを聞かない作家だった、と今でも言われる。聞くよ? 聞いたつもりだったんだけど直せば直すほど悪くなるのはなぜだったの?

留歌さん>わざわざパピレスのCMバナしゃめってくれてありがとう! 普段見ることができないからうれしいです。まりれろさんにも送って喜ばれました(笑)。「コスプレでごめんね」「スーツの玩具」そして「フィレンツエの魔法」がラノベ1位記念の写真までいただきました!! こういうバナも全部パピレスが用意して勝手に流すそうです。だから作家の中には永遠に自分のバナにお目にかかれない人もいるんでしょうね。ありがとうございました。

りょうさん>営業がんばって。そして売れっ子になったらわたしを紹介して(笑)。
えー、りょうさんが名前を上げたその会社ですよ、上から目線の会社って。すげえやな感じだったんです、メールだけでも。実際もやな感じなんですね。何にせよ、最初から否定的でその作家の「よさ」を見つけようともしない会社(人間)はだめだと思いますよ。

衣里さん >ありゃ、P社ばれちゃった(笑)。



確定深刻 (誤字ではない)

今年も確定申告の時期がやってきて、せっせと必要経費を計算し、国税庁のHPから入力した。
今回ももちろん必要経費は大赤字でいくら戻ってくるかなーとホクホク計算したら…

戻ってこない。

それどころか

税金請求されてるー!!!

私の職業は文筆業なんだけど、さすがに文筆業だけでは生活するのは苦しいので派遣社員として働いている。しかし今年は文筆の仕事がほとんどなかった。せいぜい電子書籍の印税がちみちみと入ってくるだけ。
その印税の源泉徴収額が少なすぎるのだ。
そりゃあ派遣社員としての給料はもらっておりますよ。一般並に。
でも文筆業としての必要経費をさしひいたら雀の涙ですよ。
本とかマンガとか映画とかビデオとかゲームとかおもちゃとか!!!
必 要 経 費 なんですよ!!!

えええんえええん。

つまり文筆業の仕事をもっとやって源泉徴収額を多くしないと、いくら一生懸命経費の領収書を集めたって無駄ということですね。
経費が100万だろうと1000万だろうと、赤字になれば申告は同じ0円だから反映されないわけだ。
経費を一生懸命集めるのは仕事をしている人に限るというわけだ。

えええんえええん。

わ、わたしだって仕事をしたいんだけどそんなんご縁がないとむずかしいもん。
(才能の有無はおいておいて)
なんですか、つまりせっせと持ち込みをしろということですね。
新規開拓をしろということですね。
去年の末くらいに話のあった携帯小説はなんか滞っているしなあ…

今年こそBL以外のなにか新しい分野に手を出すことにしよう。

高塔さん>キーボードのよしあしは結局使ってみてなんぼだと思います。高くても安くても自分の指にあうキーボードが一番。しかしキーボードのそばで飲み物を飲むときはお互い気をつけましょうね(笑)!


プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON