HOME   »  ニュースや世間
Category | ニュースや世間

あれから6年

2011年の3月11日からもう6年ですか。
今でもあのときのことははっきり覚えているけどね。

というわけで、6年前の3月11日のブログを再UP。

あの頃は小説の仕事はあまりなくて派遣社員をしていたんだ、しかも昼と夜間で。

地震にあったのは昼の仕事のときでした。

以下6年前の記事+++++++++++++++++++++++

今日は仕事で六本木の某大学へ勉強会のお手伝い。
小規模ながら全国から教授が集まってくる。
勉強会が始まる14時半頃地震発生。
大学内もかなりゆれていったん全員外へ非難。
その後微弱な地震を感じながらも18時半勉強会終了。
各地の教授たちは新幹線が動かず帰れないらしい。

地震発生から時間がたってたので地下鉄は動いているだろうと思っていたがツイッターで全線不通の情報を得る。
メールも電話も通じない。ツイッターだけ。
仕方なくバスに乗ろうと思うがバスでどうやって六本木から池袋へ帰るのかわからない。

19時過ぎ、六本木ミッドタウン前のバス停に到着。

ツイッターに助けを求めるも充電が切れそうだしつながらなくなる。

20分ほど渋谷行きのバス停で待っていたが、ビル風が寒く耐えられない。
周りのみんなは歩いているので私も渋谷へと歩き出す。

途中で心配している母親に電話をしようと公衆電話を探すが青山通りにはまったく公衆電話がない。
公衆電話必要だよ!!

青山学院近くの体育館? 公民館? が避難所になっていた
青山学院は学生を受け入れているみたいだった。
バスが動いていない。どんどん人に抜かされていく。
風が凍えるほど寒い。

シブヤに近づくにつれ人が多くなる。

21時頃ようやく渋谷。
渋谷駅は電車が止まっている。駅にはシャッターが。

eki1.jpg

渋谷の漫画喫茶まんぼうに行くが満員で受付中止。

しぶちかも帰宅難民でいっぱい。
バス乗り場には長蛇の列。

retu40.jpg

しかし道路はかなり混雑してて車が動かない。
パトカーと救急車と消防車の音がする。
警官もかなりでている。

keikan01.jpg

トイレを求めさまよい、ローソンで借りる。
途中でみてきたけどどこのコンビにも棚に商品がない!

110312_023221.jpg

110312_021733.jpg

その近くにインターネットカフェがあった。入れるか聞いたら23時までならとのこと。
22時18分入室。
ツイッターの情報でかなり電車が動き出しているのを知ったので23時まで一休み。

23時20分。なんとか半蔵門線と有楽町線が動いたのでようやく池袋に帰る。

23時58分池袋なう。

サンシャインのプリンスホテルは一時的に避難民受け入れをしているらしく、ロビーに大量の池袋から帰れなくなった人たちがざこ寝をしていた。

サンシャインを出たら、なんとサンシャインの水族館の上で作業していたクレーンが倒れて(朝の写真)

kuren23.jpg

あたり一体が立ち入り禁止。

110312_000547.jpg

110312_000908.jpg

ホテル宿泊者や自宅がある人以外ははいれないし遠回りになる。
相方ちゃんと落ち合って、おなかがすいてたので「ざいあん」に逝く。通常営業中。

1時過ぎ、ようやく家に帰り着くと大きな本棚は無事だったが小さな本棚が崩壊。

houkai.jpg

プリンターを乗せてた台も壁から20センチほど離れている。

kabe.jpg

翌朝、TVを見たら他の地域の被害がひどすぎる。
怪獣映画でしかみられないような千葉のコンビナートの爆発(現実に起こるなんて信じられない)、
宮城野津波被害、福島の原発問題……

東京の帰宅難民どころじゃないよ。

それにしても東京帰宅難民たちは誰も文句いわずあの寒い中を列を作って黙々と駅へ向った。
そして動かないと知るとおとなしく地下街や銀行のATMフロアや居酒屋やカラオケボックスに向って電車が動くのを待っていた。冷静だな。
まあ私も「電車が止まっているだけ」と思っていたからな。
東京に住んでて電車が止まるくらいでうろたえてはいけないのだ。

以下はサンシャインのクレーン倒壊事件の記事++++++++++++++++++++++

サンシャインの上で倒れたクレーンは、わかりづいらいですが、壁を突き抜けていました。

小さな赤丸部分にちょこっとはみだしているものが見えますか?

kuren3.jpg

今、その倒れたクレーンを撤去(ひきぬくんだよなあ)する作業がはじまっています。
むちゃくちゃ大きなクレーンがのびあがっています。

ookii71410.jpg

17時50分
小さなクレーンの上に人が乗っている。
大きなクレーンの滑車と結んでいるのかな?

拡大します↓
くれん2

18時45分
無事クレーンが外され下に下ろされました。
これで明日はサンシャイン営業できるかな。

拡大します↓
くれん3

それにしても10階分ほどの高さになる巨大クレーンにはびっくり。
そしてその繊細な動きにもびっくり。
まさに神の手のようです。

以下はその後の池袋の様子です。+++++++++++++++++++++++++++

日曜に外へ出てみた。
東京池袋はまったく平常通りだった。
ただ何件かの個人商店は「地震のためおやすみ」という張り紙をだしていた。

西武のお菓子売り場はごった返していた。
ホワイトデーのためだ。

夜も外へ出てみた。

批判の多かったパチンコ屋は照明を半分ほど落としていた。

サンシャインは20時になると強制的に照明が落ちた。
店内の洋服屋さんたちはのきなみシャッターを閉めていた。
トヨタのアムラックスも青い照明をつけていなかった。
居酒屋さんも看板の照明を落としているところが多かった。
23時までやっているリブロが18時にしまっていた

それでも居酒屋は混んでいたのだが、みんな自分ちで電力使うより外食して節電しようとしていたのかもしれない(うちらはそうだった)。

しかし「テレクラ」のでかいネオンはついたままだった。消せよ。

思ったんだけど、こうやって町で節電に協力している結果を、どれだけ節電できたか、電気を貯められたかを発表するといいんじゃないかな。
人は見返りがほしいものだ。結果が数字で表されると満足し、やる気になる。
これだけあなたたちのおかげで節電できたと発表すればもっとがんばると思う。
(その発表の場は東京電力のHPじゃなくてツイッターとかTVとかアクセスしやすいところでね)

その日にジュンク堂にも行ったんだけど、ここも平常通り混んでいた。
新刊がちゃんと入荷していた。

地震関連書籍の中で、私が一番感動した本 
 ↓
紙つなげ!  彼らが本の紙を造っている
佐々 涼子
早川書房
売り上げランキング: 102,575


文庫も出ているんだけど、レビューがまだ罹れていないので新書を。




世界一美しいスタバに行きました

駅に行く用事があり、近くのCICにはいっているサイゼリアで食事をしたあと、1Fに行くと三時から日本酒バーをやるという。
二〇〇円で三本試飲ができるらしい。
時間はあと一時間あったので、「そういえば世界一美しいスタバってこのへんにあったよね」と駅の北口に行く。

環水公園というところにそのスタバはあった。

2017010701370000.jpg

スタバもきれいだけどなによりロケーションがすばらしい。

スタバの手前はごらんのように運河になっています。

AE9bGD.jpg

水鳥が戯れ、芝生には人が寝ころがり、犬を連れた人が行き交うすばらしい公園。

春には芝生は緑になるんでしょうが、冬のこの黄色く枯れた風情も素敵ですね。

で、コーヒーをいっぱい飲んであたたまったあと、CICに戻って日本酒吉乃友酒造さんのを試飲して、新酒を購入。
そのあとB1の日本酒バーで本醸造をいろいろ飲み、家に帰って即寝。
夜中に起きて原稿やって、今一息ですわ。

原稿は「神様の子守はじめました。」五巻。
今佳境です。

これが終わるまでしばらくブログはお休みします~。



WalkCar がほしい!

WalkCar をご存じですか?
A4サイズの電気自動車………、電気スケボーというか。



鞄で持ち運びできる車です。

免許がいるのか、公道が走れるのかはまだ不明ですが、
もし公道が走れて免許がいらないならぜひほしい!

実は87歳になる母親が骨折してしまってリハビリ病院に入院しているんですよ、
できれば毎日見舞にいってリハビリ手伝いたいんだけど、その病院へ行く方法がバスしかない。

私は免許もっていないので車にのれないんです。

で、そのバス停が遠いんですよ。
自転車で行くにしても、バス停に自転車置いていたら盗まれちゃうし、駐輪違反ですよね。

だからこのWalkCarみたいにバッグにしまえる移動手段はとてもすばらしいんです。

walkcar-300x168.jpg

CMでは若い人が使っているけど、これは老人や移動手段に車を持っていない田舎の人向けではないでしょうか。
高齢者のためには杖のようなハンドルがほしいところですが。

今月の21日に発売らしいんですが、免許と公道の件がはっきりしたら、私は即買いですよ!
お値段も10万円台で電気自転車とほぼかわんないしね。

免許免除してください、お願いします!







壇蜜さんが好きです

壇蜜さんが好きなんですよ。
顔というかたたずまいというか。

ただの美人にはそれほど興味がひかれないんですけど、壇蜜さんはなんか違うんですね。
たぶん、他の女子の方も同意してくれると思うんですけど、

あれだけ女らしいのに、中におっさんがいる。

そのおっさんを彼女自身が面白がっている。
「あたし実は読書家なんですよ」
「あたし意外と気が弱いんですよ」
「あたしほんとうは女の子らしいんですよ」
ギャップを武器にしたり売り物にしたりするのは芸能人だけじゃないけど、壇蜜さんのギャップのようなものは、はどんなものでもすべてギャップに感じられない。
ほら、コーヒーにミルクをたらすと渦を巻いてとけあうじゃないですか。
壇蜜さんの外見と内面、ギャップと思われるものもすべてあんなふうに緩やかに溶け合っているんだと思うんですね。

その壇蜜さんが産経ニュースのインタビューで言ってたんですけど、「(読書は)すごくぜいたくな、限りある気高い時間。それを自覚していれば本の世界に入る覚悟が決まる。」

これは素晴らしいですね。

確かに正しい意味です。

本を読むのは時間がかかるし、その時間でほかにできることもあるけれど、それをすべて捨てて本を読む時間を選ぶんだから、確かに贅沢な時間です。
そしていったん読んでしまえばその世界に入り込んで私はそこにはいないですからね。
現実から自分が消える感覚を得られる本というのは、確かに希少ですが、そういう本に出合ったときは嬉しいです。

(ただ、読めない本は本に選ばれていない。というのはどうかな。実際つまらなくて読めない本もあるし。つまらないと思うのは本にとって失礼、と壇蜜さんは言っているけど、その本に対峙しているときは読者の私と作者の人の真剣勝負なんだから、そこで私がその人を振り払っても許してほしい)

同じインタビューで小説を書くことを聞かれたときに「文壇を汚しちゃいけない」と謙遜されているけれど、小説の世界って文壇と呼ばれている土壌の方がマイナーですよね。
しかしここであえて文壇という言葉を使っているということは、

「壇蜜が小説を書くときは芥川賞をめざしている」 ということなんですよ。

ただのタレント本ではなくて、おっぱいの大きい、美人で、元グラドルの書いた中身のない、文字の大きさが32ポイントくらいで行間スカスカの本じゃなくて、芥川賞、直木賞を目指しているということなんですよ。

まだ。
まだ書かない。けれどいつか書くかもしれない。

その日を楽しみに待っています。
真剣勝負で。

壇蜜歳時記
壇蜜歳時記
posted with amazlet at 16.12.15
壇蜜
大和書房
売り上げランキング: 11,295



大妖怪展行ってきました

大人気の大妖怪展に行ってきました。
場所が両国の江戸博物館というのが粋ですね。

828_R.jpg

九月からは大阪で開催されます。

若沖展に比べれば……(笑)。

でもけっこう混雑していました。
ただ洋画なんかだとこのくらいの混雑でもいいんでしょうけど、
妖怪絵巻や絵本の展示はみんなガラスケースに入って上から覗き込むかんじなので、
あまりよく見れなかったですね。

屏風や掛け軸などだと、離れた場所からも見られるんですが。

絵巻もの、壁にかけて見られるようになっていれば見やすいんだけどなあ。

版画や絵本も小さいので、やはり前にたかられてしまうと見にくかったです。

土偶なんですが、有名どころばかりで、これを妖怪と結びつけるのは強引すぎる。
(遮光器土偶やハート型土偶)
ほんとに妖怪の土偶があるのかと期待したんで少しがっかりでした。

妖怪ウオッチは立体もので、お子さまに大人気。
あとキャラクターのボツ案がたくさんあって、人気キャラクターの裏にはこんなにたくさん没があるんだな、と
もののあわれを感じましたよ(笑)。

妖怪なら水木先生なんでしょうが、水木しげるは今サンシャインでやってるから開催できなかったんでしょうね。

漫画史に残る妖怪ものを展示してほしかったなあ。楳図かずおとか古賀新一とか魔夜峰夫とか。

おみやげは業際の髑髏Tシャツ。

DVC00264_R.jpg

うらはガイコツの裏になってます。

DVC00261_R.jpg

みんなでひとかき やらんまいけ

富山に帰ったとき、こんなのをみつけました。

RIMG0019_R.jpg

みんなでひとかき やらんまいけ!


やらんまいけ、というのは「やりましょうよ」いう意味で、確かにそういう意味なんだけど、もっとこう、「力を出して」という意味合いが加味されている。

富山の雪はベタ雪で、積るとなかなか溶けないし重いんですよ。
雪かきは通常、その敷地の持ち主がするんですが、こうした大きな道路の四つ角とかは行政が除雪車でがーっと雪をどけてゆくので、歩道には雪が積もるんですね。
そうすると近くの人がやるしかない。

しかし、こうしてスコップを置くことによって、信号待ちをしている間、ひとかきしてね、とお願いしている。
スコップも盗まれてない。

雪の大変さをしっているからこその、雪国の助け合い精神!

すばらしいですね!

調べてみたら2006年以前から富山のあちこちにあるらしいんですが、私の家の近く(といっても自転車で10分以上)で見かけたのは初めてです。

もしかしたら少しずつ増えているのかな?

街角ウオッチ 弱虫ペダルと at homeのホームズ二宮くん

前に写真に撮っててそのままだったものを投稿。

コミケの献血ポスターの巻ちゃんと坂道。(2015年夏?)
DVC00003_R.jpg

ロッテリアでバイトする巻ちゃんと坂道。(池袋 東口)
DVC00113_R_2016021320350578f.jpg

ホームズになってる二宮くん。(日比谷線 六本木駅)
DVC00091_R.jpg

助けて! マンションの天井から異音が! リアル残穢かっ!

部屋の中から異音がする。誰もいない部屋から音がする。
パタン、パタパタ、パタン。
水の落ちる音のような、風がふたを鳴らしているような。

その音は夜中の三時頃から聞こえてきた。そして朝七時頃には鳴りやむ。
翌日もその音が聞こえてきたのでさすがに私は気になった。
そこで管理人さんに来てもらった。

パタン、パタパタ、パタン。

管理人さんにも聞こえるということは超常現象ではない……。


はいはい、別に「残穢」が始まったわけではありません。
第一うちのマンションは新築分譲で誰も先にはいってませんからね。
まあ確かに建つ前はなんだったかわからないし、あの巣鴨プリズンのすぐそばだという物件ですけどね!

その音はこちらです。

動画だとまるで時計の音みたいに聞こえますが、実際はもっと反響して規則正しくパタンパタンパタンときこえるんです。


パタパタという音は規則正しいので、どうもこりゃ水か空気関係だな、と思いました。その証拠に換気扇を回すと止まります。

1)突然パタパタ言う
2)換気扇回すと止まる
3)換気扇止めると音が出る
4)しばらくすると音が止まる

そんなわけでマンションのサービスセンターに電話。
サービスセンターが施工関係のグループ会社Jに連絡。
グループ会社Jが下請けの施工関係の会社Tに連絡。
で、Tの職人さんが来てくれました。

出張費は8000円です。

あいにくそのときはパタパタ言う音がしていませんでした。
職人さんは風呂場の天井につくられた穴をのぞいてみてくれて
遠因はわからないけど、シャッターと呼ばれている空調調整のふたがパタパタ言うんじゃないかとのことで、
シャッターをテープでとめてくれました。
このとき換気を確かめるために台所の換気扇を回しました。

風呂場の天井をのぞいたところ
004_R.jpg
これが換気のシャッター
008_R.jpg
パカパカしている
009_R.jpg
ガムテで押さえる
012_R.jpg

というわけで処置が終わって職人さんが玄関を出たあと……

「パタパタパタ」

あわてておいかけてエレベータ前で職人さんをつかまえましたよ!

状況から考えてこういうことのようです。

1)音はしていない
2)換気扇を回すと音が始まる
3)換気扇を止めても音が続いている
4)換気扇を回すと音が止まる
5)換気扇を止めると音が始まる
6)数時間たって止まる

これを台所、洗面所、お風呂などの換気をつけたり消したりしていろいろ確認し、
マンションの図面を見た結果、換気に問題があるわけじゃない、ということに。

とりあえずシャッターのガムテは外してもらいました。

管理人さんにも立ち会ってもらい音を確認して、「もしかして施工に問題があるかも」ということになり、
再度グループ会社Jへ連絡。
その結果、音のしている天井に穴をあけて調べることに。
穴を開けるにはお金がかかります。
金20000円也。

私「これはもしかして施工時に問題があったのでは?」
J「もう10年以上経っていますから、いまさら施工時の問題は考えにくいですね」

そうなの? でもなんかこれって患者の体にメスを置き忘れたみたいな状況じゃない?

私「外部からはまったく干渉できない場所なんですよ」
J「私どもも専門家というわけじゃないんで」
私「ではこれが施工に問題があるかどうかは誰が判断すればいいんですか」
J「―――それではTの職人さんの判断で」

そんなわけで穴を開けてもらいました。

あとでふたにするため正方形の枠にそって開けます
RIMG0237_R_201602110057135e1.jpg
大きなカッターみたいなものでゴリゴリ切っていきます。
RIMG0241_R.jpg
石膏ボードなので粉がでます。
RIMG0242_R.jpg
30分ほどで開きました。途中鉄部分もありましたが。
RIMG0243_R.jpg
さて、穴の中は……
RIMG0245_R.jpg

死体とかあったらやだなー。








はい、音はこの電線を通す穴からしています。

RIMG0247_R.jpg

この穴は背後にある大きな電線を通す管から出ているんですが、音の感じからすると、
この管の中のどこかに水がたまって、それが換気扇を回すと換気扇が空気を集めて管の中の気圧を大きくし、
水が動いて音が出るのではないか、との推測。

あくまでも推測です。

とりあえずこの穴をパテでふさぐと音はでなくなりました。

天井の穴をふさいだところ。
マイナスドライバ1本でまたふたを開けることができます。
RIMG0248_R.jpg


しかしこれは応急処置です。

この管はうちのマンションを貫いて、それぞれの部屋に電気の線を通しています。
うちでふさいだら、きっとまたどこかで鳴るかもしれません。

この音が私の部屋でなったのは、まったくの偶然。

うちが運がわるかったということでしょうか。

「これは個人所有の部屋ですが、共有部分ということになりますから、会社に請求できますね」

職人さんと管理人さんの同意見。

よかったー。

この先も大きな工事、ということになっても負担しなくてよさそうだ。

この話はもしかしたらこれで終わりじゃないかもしれませんが、とりあえず音も止まったし、穴をあけたお金も払わなくてよさそうなのでよかったです。

それにしても職人さんがぴたりと音の出る場所に穴を開けるのがすごいと思う。


あなたの部屋でも真夜中、不思議な音がしていませんか……?


雅楽の夕べ

21日に目白庭園で雅楽コンサートがありました。
目白庭園では29日まで秋のライトアップが開催されていて、21日は笙(しょう)と篳篥(ひちりき)の小さなコンサートが行われました。

お正月なんかで雅楽が流れているのは聞いたことあるけれど、生ははじめてです。

演奏されるのは神主の格好をされた二人の若い方で、はじめてきいた笙は、驚いたことにとても竹でできているとは思えないほど金属的な音でした。
笙の音色は雲間から差し込む光を現しているということで、そのとおり、天上の音のように広がりがあり、和音と一緒に主旋律も同時に奏でられるという、不思議な音色を体験しました。

音楽自体もなんというか東洋ぽくも西洋ぽくもない、独特な、魅力的な音楽でした。

たいする篳篥は、笙が雲間からの光とすれば、地に足のついた人間の叫びを表現しているということで、手のひらに隠れてしまいそうな小ささにも関わらず、とても大きな音でプオープオーと奏でられます。
オーボエの音色にも近いのですが、オーボエのようなドレミファ音階は吹けないようです。
もともと中東の方の楽器で、シルクロードに乗ってやってきたというもので笙より歴史的には新しいもの、という説明でした。

せっかくの名庭でのコンサート、私は江戸小紋、相方ちゃんは大島を着てでかけました。

それほど寒くもなく、とてもいい気候とはじめての雅楽の音色にいい体験をさせてもらいました。

下はお庭の写真です。

RIMG0052_R.jpg

下が演奏のあった赤鳥庵です。
RIMG0058_R.jpg

RIMG0062_R.jpg

RIMG0064_R.jpg

RIMG0068_R.jpg

RIMG0069_R.jpg

RIMG0071_R.jpg

池にに映る明かりがとてもきれいでした。
RIMG0073_R.jpg

RIMG0074_R.jpg

RIMG0075_R.jpg

RIMG0078_R_201511221908024cc.jpg

RIMG0079_R_2015112219080441c.jpg

池袋ハロウインをすぎて

10月30日や11月1日はあちこちでハロウインが楽しまれたようですね。
渋谷や池袋ではコスプレの人も多かったみたいです。
渋谷はゴミの放置が問題になったようですが、池袋では渋谷ほどの騒ぎにはならなかったようです。
コスプレの人は大体サンシャインに集まったようですしね。

そんな中、バイクに乗ったコスプレ集団がいました。

RIMG0153_R_20151104022548113.jpg

同じ日にまたグリーン大通りでマチカフェ企画があり、いくつものテントとフード、お酒、手作り市が行われました。

RIMG0155_R.jpg
RIMG0157_R_20151104022551271.jpg
RIMG0156_R.jpg

私もかわいい手塩皿(おてしょ)とミニ盆栽を買いました。

RIMG0160_R.jpg
RIMG0162_R.jpg
隣の目薬は比較対象です。

ばか騒ぎやゴミの散乱は困りますけど、イベントは楽しいので
節度を守って続けてほしいですね。
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON