HOME   »  自作小説とその周辺
Category | 自作小説とその周辺

最近驚愕したこと、そして「神様の子守始めました」が電子書籍になりました! 

先日、新しい出版社さんと打ち合わせした。
富山まで来てくださったのだ。
本当は私が東京に行きたかったのだが(文芸座で初代ゴジラとシン・ゴジラの上映があったし)、わざわざ来てくださった。
作品のこととか契約のこととか話したのだが、そのとき一緒に渡された書類を見て驚いた。
その書類には「小説の書き方」が提示されていたのだ。

曰く、

「改行後は字下げしろ」とか
「閉じ括弧の前に句読点をいれるな」とか
「二重表現(頭痛が痛いみたいな)に注意しろ」とか
「ビックリマークの後ろは一字あけろ」とか、

まあこのあたりは誤字の範疇でアリかもしれないけど、

さらに、

「視点を統一しろ」とか、
「わかりやすい地の文をこころがけろ」とか、

なんか小説の基本みたいなことが。

あきれ返った私に編集さんは、「みなさんに一律で渡していますので」とおっしゃった。
WEB小説の書き手さんが多いので」というようなことも言われた。

最近の編集さんは仕事が増えて大変だ。

WEB小説の世界、いわゆるWEB投稿サイトでの青田狩りが激しいという。
「なろう系」と言われる人々は、サイトで一応の人数の読者を掴んでいる。
その読者をそのままひっぱれるから、出版社としてはある程度の数を見込んで出版できる。
いまや1日の閲覧数がある程度いけばもう交渉にはいるらしい。
そして投稿サイトでも今はほとんど狩りつくされているらしい。

しかしこれだけ作家がいるWEBでももう少なくなっているのか。
新しい才能はどんどん生まれているのではないだろうか。
しかし、その才能を育てる土壌が追いつかないような気がする。
毎日毎日新しい作家が泡のように生まれ泡のように消えてゆく。
電子の海、書店の棚を流れてゆくその泡を読者は追いかけつづけることができるのか。
今や、漫画も小説も電子で無料じゃないと読まないという時代になっているのではないだろうか。
そんなことになると作家は食べていけない、書き続けていけない。

かつて「大勢の人に面白い本」があった。
でも今は本が多すぎて「一人に面白い本」の時代なのかもしれない。

だから本が売れない。

かといって書籍の点数を減らすこともできない。

たくさんの泡の中から選んでもらう、きらきらと虹色に輝く泡にならないと、この先私も生き残ることはむずかしいだろうなあ。

「神様の子守始めました」が電子書籍になりました!!
(知らなかったよ、教えてくれよ………)

神様の子守はじめました。
コスミック出版 (2017-07-14)


真坂たま(霜月りつの別名)の電子書籍です。






悪魔の飼い方 完全版 (らぶドロップス)
パブリッシングリンク (2017-02-08)









「天国のひとつまえ~バレンタインに会いましょう」配信開始

メクる で「天国のひとつ前」第三話「バレンタインに会いましょう」が配信スタート。

重病で死を願う少女は「死ぬために」誰かを幸せにすることに………。
バレンタインに好きな人に告白したい少女と死を願う少女が出会います。

配信はこちら→「天国のひとつ前」

よろしくお願いします。

メクるから電子書籍になった「黄昏をゆく者~不死人の伝説」もよろしくお願いします。

アマゾンキンドル ↓
黄昏をゆく者~不死人の伝説【改稿版】 (エールブランシュ)
パブリッシングリンク (2017-06-09)
売り上げランキング: 148,190




紀伊国屋書店富山店

先日は在庫がなかった紀伊国屋書店富山店さんですが、今日、映画を観に行ったついでに寄ってみたら。

2017070515090000.jpg

既刊と一緒にコーナーができてました!!

わあい、ありがとうございます。

五巻が発売されたときの色紙も一緒に飾ってありました。
あああ、字が下手だ。

おかげさまで六巻も重版がかかりました。

重版出来!! ありがとうございます。

神様の子守はじめました。〈6〉 (コスミック文庫α)

新品価格
¥702から
(2017/7/5 23:48時点)






明文堂新庄店と上大岡八重洲ブックセンター

昨日、近所の明文堂にいったんだけど、「神様の子守始めました」6巻はなかった………。
検索したら在庫切れだった。
入荷してー!

そしてお友達の高Tさんから「上大岡の八重洲ブックセンターにあったよー」とメールが。
写真もいただきました。

DSC_0909.jpg DSC_0908.jpg

わーいわーい。

神様の子守はじめました。〈6〉 (コスミック文庫α)
霜月 りつ
コスミック出版
売り上げランキング: 5,834


KIITは今日、去勢手術で病院にいます………。
1日絶食だそうで、あんなにくいしんぼな子がかわいそう。

そして私の都合でKITTの犬生を変えてしまってよかったのか、心が痛い………。

今日はこれから「夜明けを告げるルーの歌」をファボーレまでバスに乗って観に行きます。

紀伊国屋富山店

昨日、総曲輪の大和(フェリオ)に行ったので紀伊国屋を覗いてきた。

既刊をそろえて平台にしてくだっているのはありがたいのだが、

2017062415000000.jpg

新刊、6巻がなかった!


お店の人に聞いたけど、
「新刊棚になければ在庫切れです」言われた。

1冊しか入ってなかったのか!?

確かに新刊の背の棚は1冊分空いてたけど。

土日に新刊がないってきびしい………っ!

神様の子守はじめました。〈6〉 (コスミック文庫α)
霜月 りつ
コスミック出版
売り上げランキング: 4,413





池袋西武三省堂さん

お友達のABさんから池袋西武三省堂で「神様の子守始めました」6巻買ったよーとメールをいただきました。

Cap_2017-6-23_00.jpg

6巻が減っていて嬉しいです。

ついでに5巻と1巻、2巻も減っているようです~。

今、新しいお仕事中でちっとも進んでいなくて泣きたくなっているので
こういうの見ると「がんばろう」とそっとつぶやいたりします。

ありがとうございました。

神様の子守はじめました。〈6〉 (コスミック文庫α)
霜月 りつ
コスミック出版
売り上げランキング: 3,422




メクルで「天国のひとつ前」配信スタート!

メクルで天国のひとつ前」配信スタートしました。

「天国のひとつ前」

以前、ラブドロップスのブログに掲載していたものです。
スコシフシギなラブストーリー。
生と死のはざまに落ち込んだ少女たちが誰かを幸せにすることで望みをかなえます。

5話に新作2本追加で毎週よみきり連載。

よろしくお願いします。

文苑堂書店新湊店さんが「神様の子守始めました」をツイートしてくださいました!

文苑堂書店新湊店さんが「神様の子守始めました」をツイートしてくださいました!

既刊も一緒に展開してくださるのが嬉しいです。

今日、近くの藤の木店さんにも行って来たら新刊コーナーにありました。

2017062217050000.jpg

少し減ってた。
ズッコケさんと同じくらいの高さになってた。
嬉しいな。

藤の木店さんには犬の散歩がてらよく行きます。
書店で本を買って、隣のスタバでコーヒー飲みながら読む、というスタイル。
犬がいるのでいつも外ですが、スタバの店員さんの中に大型犬を飼っているという人がいるので、時々話すのが楽しいです。

2017062009150001.jpg

あられもない格好のKITT。

神様の子守はじめました。〈6〉 (コスミック文庫α)
霜月 りつ
コスミック出版
売り上げランキング: 4,779


神様の子守はじめました。 6/霜月りつ【2500円以上送料無料】

価格:702円
(2017/6/22 22:31時点)


神様の子守始めました6巻 本日発売!

神様の子守始めました。6巻、本日発売です。

c0293127f62242b319cd4f26b5c614d9ce961636.jpg

首都圏ではね。

富山では明日の発売かな?

今回の表紙は猫ちゃんです。


1_20170619154634368.jpg

子供たちが危機一髪!
応援してください。

神様の子守はじめました。(6) (コスミック文庫α) [ 霜月りつ ]

価格:702円
(2017/6/19 15:48時点)



『黄昏をゆく者~不死人の伝説【改稿版】』配信開始

『黄昏をゆく者~不死人の伝説【改稿版】』が各電子書籍サイトで配信始まりました。

黄昏をゆく者 表紙

以前小学館パレット文庫から出させていただいたものを、修正、改稿してお届けしています。

永遠の時を生きることとなったアシエルとユーゴのように、
紙の書籍から電子の書籍に変わって、ずっと、読みつながれていくといいなあと思っています。

そう考えると、小説というのも不死の旅人のようですね。

6つのお話が収録されており、文庫本2冊が1冊の値段で読めるのでお得です(笑)。

いろんな時代の人々の間を漂い、関わり、思い出を残していきます。

個人的には「十字路の少女」「夜の叫び」が好きです。
「夜の叫び」はけっこう私らしくない感じで。
これは川又千秋さんの「幻詩狩」に影響を受けたんじゃなかったかな。
受けた方向が著しく間違っているけど。
「十字路の少女」はアメリカ映画のイメージ。
「黄昏の扉」は冒険活劇風で楽しんで書きました。
「吸血の城」は「ベルばら外伝・黒衣の伯爵夫人」へのオマージュ。
「あの夏の輪舞」は萩尾望都さんの描くヨーロッパの夏のイメージ。
全体的に翻訳ものっぽい感じです。

BLを書いていたときは海外物を多く読んでいたのでこういう書き方になったのかもしれません。

下記サイトで読むことができますのでよろしくお願いします。

電子書籍サイト パピレス(PC/スマートフォン/iOS)

電子書籍サイト キンドル(PC/スマートフォン/iOS)

電子書籍サイト コミックシーモア(PC/スマートフォン/iOS)

電子書籍サイト BookLive!(PC/スマートフォン/iOS)

電子書籍サイト 楽天kobo(PC/スマートフォン/iOS/フィーチャーフォン)

電子書籍サイト dブックストア(PC/スマートフォン/iOS/フィーチャーフォン)

レビューを書いてくださるとうれしいです!!


プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON