FC2ブログ
HOME   »  洋画
Category | 洋画

ゴジラ キングオブモンスターズ 観た!!!

ゴジラ キングオブモンスターズ 観に行きました。
初日で観たかったんです。

いやあ、超! 超! 超! よかった!!

怪獣映画はこれだぜ! という感じ。

Pen+(ペン・プラス)『完全保存版 ゴジラ、再び。』 (メディアハウスムック)

CCCメディアハウス (2019-05-25)
売り上げランキング: 258


前作のゴジラがゴジラなかなか出ないし、最初に出た金属っぽい怪獣がけっこうもっていったし、軍人さん主役だし、ゴジラがなんか主役の人と通じ合ってて、なんか違うって感じだったんですよね。

でも今回のは正しい怪獣映画。
冒頭から怪獣がどんどん出てきてワクワクします。
なによりいいのは人間側の主役が科学者だということ。
軍人は怪獣を駆除対象としてしか観ませんが、科学者は観察です。じっくり見ます。
つまり視聴者もじっくり見られるわけです。
そして科学者はいろいろ考察してくれます。それも私たちは知ることができるわけです。

ストーリーはまあいろいろつっこみどころもあるんですが(なんで少女が重要な機材持って逃げ出せるんだよ、とか、あれだけ攻撃受けてて主役はどうして生きてるんだよ、とか、やだ、エマ博士の考え方極端すぎ? とか)、

人間が地球環境を害する寄生虫だとか
失われた古代文明とか
伝説の怪獣とか
それを継承している一族とか
怪獣殿下にひざまずく怪獣とか

なんかこう中二の妄想をまじめにやっているところが素晴らしい。

前にも書いたけど(ラドン)怪獣映画には美しさがないといけないんです。
それがこの映画はもう美しさだらけ。
モスラが滝から出てくるシーン、ギドラが氷の下から出てくるシーン、ラドンが火山から出てくるシーン、ゴジラとギドラの戦い、ゴジラの稲妻………もうオンパレードですよ。

ゴジラ映画といえば生瀬さんのポスターなんですが、生瀬さんの絵はシーンそのものじゃなくて、そこに生瀬さん独自のイマジネーションが入って映画より美しいじゃないですか、それですよ。

その生瀬さんの絵がそのまま映画で動いているんです。

ゴジラジェネレーション (Character′s art collection)
生頼範義 開田裕治
モビーディック
売り上げランキング: 440,804


そして、ゴジラとモスラが出てくるシーンではちゃんとゴジラとモスラのテーマが流れて感動です。

モスラはデザインが少し変わっていて、モスラは基本「蛾」なんですが、それに蜂の要素が付け加えられているんですね。
バトラもなかなかバトル向けでしたが、どうして蜂をとりいれなかったのか?
蜂が入ることで足とかシャープだし、ウエストのくびれも美しく、まさに怪獣の女王という風情でした。
武器も追加されてたし。
(しかし成虫で糸を吐くのはちょっと反則技だ)
幼虫時のモスラもかわいかった。

ラドンは元祖映画では羽ばたきだけが武器で戦いはちょっと退屈と前のブログで書いたんですが、今回はその羽ばたきがかなりグレードアップしてて魅せてくれたし、回転しながら戦闘機を襲うシーンもすごかったし、脱出装置で脱出したらあんなことになったりして見せ場がたくさんありました。
火山の上で見えをきるラドンかっこいい!

怪獣がたくさん出現するんですが、予算の関係かクモンガとマンモスばっかりみせられてちょっと残念。
バラゴンとかエビラとかゲソラとか見せてほしかった。
17体出るってことなのでなにが出るのか書いてあるかなとパンフ買ったけどなかった………。

あ、パンフは通常版と特装版があるんですが、私は特装版しか買ってないのではっきり言えないんですけど、たぶん、ケースとイメージイラストが追加されてるのかな。200円しか違わないので、イメージイラスト満載の特装版の方が買っていいかも。

とにかくゴジラは素晴らしく面白くて「貞子」で感じてたモヤモヤを吹き飛ばしてくれました。
たぶん、もう一回、二回、観に行く。
吹き替え版も観たい。
そしてみんなが見終わった頃、芹沢博士について語りたい………。

しかしこのゴジラはゴジラ愛よりはゴジラ映画愛あふれた作品なので、過去のゴジラ映画を見返したくなります。
あと音楽サイコーなのでCD買おう。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(オリジナル・サウンドトラック)
ベアー・マクレアリー
ADA (2019-05-31)
売り上げランキング: 267








名探偵ピカチュウ 観に行った。簡単な感想。

西島秀俊が上手でびっくりした!

ゲスなおっさんのしゃべりをたのしそーに演じている。
わりと字幕派なんだけど西島秀俊聞きたくて(笑)。

字幕だと文字数制限があるから、あのピカチュウのおしゃべりをどこまでフォローできてたのかな。
字幕版もちょっと観に行きたい感じ。

宇宙人がCGで違和感なく描かれるならポケモンもまったく違和感なくつくれるんだろうな。

しかし主役を会社員にする必要があったのだろうか?
ぜんぜん子供みたいでずっと会社を休んでいるけどいいのか?
というか、最終的には探偵になるって、やっぱり仕事をしている必要があったのか?
主役がスパイダーマンバースみたいに学生なら、もっと子供向けになったんじゃないのかな。

記憶喪失のピカチュウ。
行方不明の父。
ポケモンを狂暴化させる薬。
ミュウツー。

いろいろ魅力的なキーワードで楽しい映画でした。

ポケットモンスター ポケモン 名探偵ピカチュウ ぬいぐるみ おもちゃ ふわふわ 高さ約28cm [並行輸入品]

新品価格
¥2,744から
(2019/5/16 00:01時点)






キャビンを見た。 簡単な感想。

録画していた「キャビン」を見た。
以前から爆笑ホラーと言われていたんだけど、爆笑というか、開いた口がふさがらないというか。

若者たちが森の中のキャビンで遊んでいるとゾンビに襲われて……、という触れ込みだが、冒頭からなにか科学的な施設のスタッフが出てくるので、かなり早い時期からこのスタッフたちが若者たちを追いこんでいく実験なのだな、とわかる。
このスタッフがかなり大勢いて、大掛かりな施設だとわかる。

若者たちが死ぬ方法は彼ら自身がいろいろな罠の中から選ばされるんだけど、なにを選ぶかをスタッフが賭けていたりする。
死ぬ方法はあらゆるホラー映画に出てくる怪物たちに襲われるというスタイル。
これが半魚人がいたり、ゾンビがいたり(ゾンビとゾンビ一家は違う)、狼男がいたり、でかいミミズみたいのや、幽霊や、お面人間や、ピエロや、とにかくあらゆる怪物、殺人鬼。
この怪物たちがフィギュアみたいに四角いガラスケースに入って並べられているところはすごくアメージング!
このシーンはラドンの火口墜落くらいすばらしいイマジネーションにあふれている。

不気味なのは、なぜ、こんなちゃんとした施設で出来の悪いホラー映画の体をしたスナッフムービーを作るのかが、ラストまでいかないとわからないところだ。

そして人類滅亡へといたる壮絶なラストシーン。
まさか森の中のキャビンで過ごす週末スプラッタがそのままSF終末ものになるとは。

この衝撃的すぎるラストシーンはぜひみてあっけにとられてほしい。

それにしても日本の施設で行われていた実験で、9歳の小学生(女子だけ)のクラスの怪物が、「どんぐりころころ」の歌で鎮められてしまうシーン、これを1本で観てみたいよ。

amazonプライムで見られるのかなーと思ったら見られた ↓

キャビン(字幕版)



キャビン スペシャル・プライス [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2015-06-02)
売り上げランキング: 16,362



ファンタスティックビースト簡単な感想

観終わって一言。

「おわってないやーん!!!」


まあ長編のハリポタのシリーズなんだから予想されたことだったんですが、ほんといろいろと風呂敷広げて次で収集かよ。

わたしは人間のジェイコブが好きなので彼にはぜひ幸せになってほしい。
しかしジェイコブは、恋人のクイニーが敵陣に行きそうになったとき、強引にディープキスして、ぽーっとなったところを「俺についてこい!」と言えばすべてまるくおさまったのに!

人間のジェイコブがまったく役に立たないのは観ててイライラするなあ。人間だからこそのなにかメリットがあるかと思ったのに、魔法使いは魔法が使える人間だから、生物学的には同じだしなあ。
まあ人間はひとつきりの命とか、怪我したら動けないとか濡れたら冷たいから避けるとか、そういう意識が働く以外にないのかな。

魔法動物の描き方はたいそうかっこよく美しかったですが、ニュートが自分の魔法動物を使うシーンが少なくて不満。後半で活躍するのかな?

展開が早いのとキャラクターが多すぎて混乱する。私はハリポタは二話までしか観てないからなあ。
全話みている人はまた違う感想なのかも。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 映画オリジナル脚本版 [ J.K.ローリング ]

価格:1,728円
(2018/12/15 21:13時点)
感想(1件)





チャーリング・クロス街84番地 簡単な感想

なんてチャーミングな映画だろう。

そう、チャーミング、としか言いようがない。

チャーリング・クロス街84番地 [DVD]
Happinet(SB)(D) (2015-10-02)
売り上げランキング: 27,415


アメリカ人の女性作家が、米国では高価すぎて手に入らない古書を、イギリスの古書店に注文する。
それ以来20年間、ずっとその古書店と交流。
1冊2ドルや5ドルの本が海を渡って手に届く。
時間はかかるけれど、作家は古書店を信じ、どんどん注文する。
ときには思っていた本じゃなかったときもあり、そのときは文句をつけ、
本が届かないと「なにやってんの、古書店の奥で読書してんの」と叱り、
しかし、文章はユーモアにあふれ、古書店で働く5人の人たちも彼女に手紙を送り、
互いにプレゼントを交換するようになる。

奇跡も起こらないし恋愛もない。
ただ淡々とイギリスとアメリカのそれぞれの生活が描かれるだけ。

けれどちっとも退屈しないし書簡の文章のみで語られるやりとりが楽しい。

本を買う人と書店のある意味理想的な関係。
あの本屋にいけばあの本が必ずある。
あの人ならこの本を面白がる。
そういう互いの理解と信頼が心地よい。

善意だけの優しくて、静かなときめきのある映画。

録画番組はすぐに消す私だけど、この映画は保存しておきたい。




ホースソルジャーを見た、簡単な感想

アベンジャーズを見ればよかった。



タリバンはそれは偏った思想の持主かもしれないが、アメリカ軍の空爆の容赦なさが恐ろしい。

ホースソルジャーとか言って、もっと馬との絆とかかと思ったら、
カレーは飲み物、みたいに馬は移動手段だった。

米軍の協力者の地元の将軍が敵を倒したとき、馬にキスするところだけが救い。

専門家が二年かかると言ったタリバンの拠点を3週間で落としたグリーンベレーの話。
拠点への移動手段は馬だけ。
でも別に馬と人の話じゃない。

地元の将軍に協力しながら少しずつ前進し、飛行機からの爆撃を誘導し、拠点に到達。

将軍との友情や地元の少年との友情もあるけど、映画としての楽しみがなくてつらい。

まあ事実としての記録映画なら、いいのかな。


ヴァレリアン観ました。短い感想。

ヴァレリアンを見ました。フランスのコミックが原作だそうです。
最初はそんな情報まるっきり知らずに、ハリウッド映画だとだけ思って見たんですが。



監督のリュック・ベッソンの作品は「フィフス・エレメント」しか知らなかったんですが、予告がやっぱり「フィフス・エレメント」っぽいなあと。
フィフス・エレメントはヒロインのオレンジ色のヘアスタイルが好きだったが、ヴァレリアンのライターの人のデザインだったんだね。

お話は、いろんな種族が集まっている人工惑星みたいなところに得体のしれない場所ができてて、そこを探索するというもの。
最初に美しい惑星が描かれ、そこが壊滅する様子が描かれているので、そこの宇宙人が関わってくるんだろうな、とはわかる。
この失われた惑星の異星人のデザインが素晴らしい。
真珠色に輝く肌、星の形の虹彩。男女とも中性的なスタイル。
萩尾望都が描きそうです。
それだけにこの惑星の崩壊が残酷。

主人公はヴァレリアンと相棒のローレリーヌ。
このヴァレリアンは若いけど優秀という設定。
でもなんかその優秀さの裏付けが見えない。
人物に歴史が感じられない。
これはたとえば前にTVドラマになった「信長のシェフ」でジャニーズの人が主役のケンを演じたときに感じたのと同じ。
まったくひねりのない、影もくせもない主役で非常につまらないし、重みがない。
新人捜査官とかにしといた方が感情移入できたかも。

で、ストーリーはいろんな危険な目にあって悪者のたくらみを阻止するって一本調子のものなんだけど、その危機の脱出の仕方がなんというか、なんでもありっていうか、こちらにはよくわからない未来の技術や未知の生物を使う方法で、こちらもまっすぐな都合がよくて、たとえばくらげを頭にかぶったら相棒の最後に観たものがトレースできるとか、やばい場所に潜入するのに、変身できる異星人の力を借りるとか、なんていうか最初からすべて答えが用意されているって感じで、スマホゲームみたいにタップすればすべてOKって感じでハラハラ感が全然ないんだよね。

でもまあ、面白くないことはなかった。
映像は素晴らしいし、なにより失われたパール人と、変身できるバブルちゃんがかわいくてすてきで。
タコ型のバブルちゃんも人型のバブルさんも素敵でした。

ところでパール人に関しては全然キャスト出てこないんだけど、あの人たちは全員CGなんですか???


映像は最新鋭だけど、話は古き良きSF,スペオペって感じで、最近のスタートレックより懐かしい感じがしたんだけど、それは原作のコミックの持つイメージなのかな。

逆に「シェイプオブウオーター」は時代が1900年代初頭なのに、新しい感じがした。
これは監督のセンスってものなのかな?

ヴァレリアン原作コミック
ヴァレリアン (ShoPro Books)
ピエール・クリスタン
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 9,770






IT を観ました。簡単な感想。

「IT」を観ました。
以前テレビドラマになってたやつも観たし、原作も読んでいます。

IT〈1〉 (文春文庫)

新品価格
¥1,026から
(2017/11/18 22:48時点)



ITのピエロの正体に実は大いにがっかりしたんだけど、今回の映画はあれから時間もたっているし、ラスボスも納得のデザインで出てくるかと思ったら………第一章だった!

ああ、そうか、大人になったときのをまたあとで作るんだよね、そうだよね。

というわけで「IT」は妹の旦那を誘っていきました。
相方ちゃんも妹もホラー嫌いなんだもの。



でもITはホラーっていうよりジュブナイルで、そんなに怖くないのね。
子供が怖い幻覚をピエロが見せてくるんだけど、子供たちがみんなで「わー!」「きゃーっ」って言ってると、あまり怖くないんですよ。
まあ洋画のホラーって大体が「わっ」ってびっくりさせるものだから。

だから「IT」も、子供たちが7人でわちゃわちゃやってるのが楽しい。
1人下ネタ連発のおしゃべりな子がいて、この子は怖いものなかったから、ピエロも困ったんじゃないかな。
みんなで話し合って少しずついろいろとわかっていくところとか好き。

it.png

それにしてもアメリカの学校って、同じクラスにずいぶん年齢差のある生徒がいるんだね。
いじめられっ子たちは小学生で、女子は中学生くらいに見えるし、いじめっ子は高校生くらいだし。
じっさい高校生なのかな、車運転してたから。
高校生が小学生いじめるなよ、マジに。

あと、ピエロが迫ってくるとき、顔をぶるぶる振って迫ってくるのはまったく怖くないので、逆に笑えるからやめろ。

そしてラストで子供たちがピエロをボコボコにするのは、あれは子供の夢だよね。
恐怖より怒りで、友達を思う心で、手の届かなかった敵をやっつける。

初恋のどきどき感とか、理不尽なことに対する怒りとか、子供らしくて楽しかった。

自転車、川辺、採石場、ドラッグストア、夏休み、初めてのキス、ロマンチックなポエム。
ああ、なんかキラキラしてるね。


ほんとにこれは中学生とか小学校高学年に見せたいんだけど、R15が残念だなあ。
ちなみに映画館は日曜にいったら、若い人でいっぱいだったよ。
いつもガラガラの映画館しか知らなかったから、富山の映画館心配だったけどよかった。

イット [Blu-ray]

新品価格
¥982から
(2017/11/18 22:49時点)





ブレードランナー2049 簡単な感想

「ブレードランナー2049」を観た。

前作の「ブレードランナー」は私には衝撃だった。
あの街、あの世界観に酔いしれた。
SFとはこれだと思った。
(まあ、「未知との遭遇」見ても、「ミクロの決死圏」観てもそう思ってたんだけど)

SFで近未来なのにしっとりとして切なくて美しくて。

以下ねたばれもあります。

br11.png
※「ブレードランナー2049」より

今回の2049は確かに続編だった。
前作が街中だけの話だったのが地方に行き、この世界がどうなっているのかを見せてくれた。
(おそらく)ラスベガスの砂漠化した風景。巨大な女性の像の荒廃した土地のデザイン。
ちょっとメビウスやファンタスティックプラセットをほうふつとさせるイメージ。

まあいろいろと説明されていないところはあるんだけど、
そもそも主人公がレプリカントっていうのがな。
なに? 新型のレプリカントってどういう扱いなの?
子供時代があるの? それは植え付けられた記憶だけなの?
大人の形としてあの子宮のようなものから生まれて、与えられた記憶を飴玉のように大事に大事に抱いて生きていくの?
何年の寿命なの?

前作ではルトガー・ハウワー演じるレプリカントは4年間の生をどうにかしたくて脱走してたけど、新型は何年なの?
そして娼婦として町をぶらぶらしててもいいわけ?
そういう世界の説明がまるっきりないのですよ。

もともとすっごく長かった映画を短くしたらしいんだけど、これ、もしかしたらドラマでやった方がよかったんじゃ。

後半主人公と敵レプリカントとの延々戦いになるんだけど、結局、新型レプリカントの生みの親とは、ハリソン・フォードがちょこっと対面しただけで、別にレプリカントの未来を変えたわけじゃないし。

なんかこう、イメージ優先で話がミニマムっていうかー。

でもラストシーンの切なさは前作のラストシーンの切なさとかぶっていてとてもよかったし、ハリソン・フォードが自分の子供に会うシーンはもうその表情だけで泣けてきたけど、なんていうか、物語をちゃんと見たい私としてはどうもこう、説明不足で中途半端!って感じでナー。

いまひとつ絶賛できないんだけど、同じ感想の人はいるかしら。

ブレードランナー ファイナル・カット [Blu-ray]

新品価格
¥1,071から
(2017/11/18 22:29時点)




それにしても、あのレイチェルがそのまんま出てきたのはびっくりだわ。
本当にCGとは思えない、生きた人間そのまんまだったよ………。


ドリーム 見ました。感想をちょこっと。


drm.png

NASAで働く黒人女性たちが、差別を乗り越えがんばる話。



アメリカ映画らしくなく、エキサイト! って感じではなく、抑えたふうに捕ってあるんですが、
間にヒロインのロマンスいれたりというサービスはあります。
ただヒロインが三人の子持ちのバツイチであまり美人ではないのですが。

NASAという最先端の現場でも、ロケットが月へ行く前は、あんなに露骨な差別があったんですね。
ヒロインが差別の怒りを爆発させるのが「トイレ」という人間にとって切実な問題だったのがすばらしい。
だって「トイレ」って人種も―――いや、人間も動物もがまんできない問題だものね。
犬だって、トイレの場所替えたら困るもの。

トイレに行くたびに800メートルも走らなければならないヒロイン、トイレの個室にも計算用紙を持ち込んで
ヒールで走ってがんばっているのに、「いつもどこへ行ってるんだ」って怒られたらそりゃブチきれますよね。

そのあと、理解ある上司がトイレにつけられた「カラード(有色人種)」の看板をハンマーでぶち壊すんだけど、
この人その前にもIBMのコンピューターが部屋に入らないからってハンマーでドアをぶち壊してたんですよ。

このための伏線だったんだけど、とりあえず解決策がハンマー。

NASAなのに、原始的。

ちょっと驚いたのが、この時代、つまりロケットが月に行く前に使われていたコンピュータ言語が
「FORTRAN」。
FORTRANってついこないだ、とはいえ、30年くらい前まで使ってたよね。
たしか私が最初の会社に入った時も使われてた。
そのあとコボルやベーシックなんかも会社で言われだして、結局C言語に落ち着いたんだけど、
ベーシックを習ってた私にはC言語はまったく理解できなかったなあ。

この映画の最大の見せ場はヒロインが数式をずらずらっと描くところなんだけど、
他にも別な部署で働いていた黒人女性たちが、フォートランを勉強しまくって
コンピュータールームに意気揚々と現れるところ。
廊下の角をまがってダンダンダンと女性の集団が歩いてくるところは、まるでバトルシップで
じいさんたちがミズーリの船上にあらわれるところみたいだったよ(笑)!
たしかに彼女たちは戦士だね。

IBM編の予告動画


この映画は「夢を抱き続ければ叶う」んじゃなくて
「夢を持って努力し続ければ叶う」ということをはっきり見せている映画。
NASAという舞台が努力が認められる現場だから。

ちょっと残念だったのが、NASAの黒人女性たちは出てくるんだけど、
同じころに働いていた黒人男性たちが一人も出てこなかったlこと。
彼らも働いていたんだろうけどなあ。

AMAZON

ドリーム NASAを支えた名もなき計算手たち (ハーパーBOOKS)

新品価格
¥1,080から
(2017/10/12 08:46時点)



楽天

ドリーム NASAを支えた名もなき計算手たち (ハーパーBOOKS) [ マーゴット・リー・シェタリー ]

価格:1,080円
(2017/10/12 08:46時点)










プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON