FC2ブログ
HOME   »  洋画
Category | 洋画

チャーリング・クロス街84番地 簡単な感想

なんてチャーミングな映画だろう。

そう、チャーミング、としか言いようがない。

チャーリング・クロス街84番地 [DVD]
Happinet(SB)(D) (2015-10-02)
売り上げランキング: 27,415


アメリカ人の女性作家が、米国では高価すぎて手に入らない古書を、イギリスの古書店に注文する。
それ以来20年間、ずっとその古書店と交流。
1冊2ドルや5ドルの本が海を渡って手に届く。
時間はかかるけれど、作家は古書店を信じ、どんどん注文する。
ときには思っていた本じゃなかったときもあり、そのときは文句をつけ、
本が届かないと「なにやってんの、古書店の奥で読書してんの」と叱り、
しかし、文章はユーモアにあふれ、古書店で働く5人の人たちも彼女に手紙を送り、
互いにプレゼントを交換するようになる。

奇跡も起こらないし恋愛もない。
ただ淡々とイギリスとアメリカのそれぞれの生活が描かれるだけ。

けれどちっとも退屈しないし書簡の文章のみで語られるやりとりが楽しい。

本を買う人と書店のある意味理想的な関係。
あの本屋にいけばあの本が必ずある。
あの人ならこの本を面白がる。
そういう互いの理解と信頼が心地よい。

善意だけの優しくて、静かなときめきのある映画。

録画番組はすぐに消す私だけど、この映画は保存しておきたい。




ホースソルジャーを見た、簡単な感想

アベンジャーズを見ればよかった。



タリバンはそれは偏った思想の持主かもしれないが、アメリカ軍の空爆の容赦なさが恐ろしい。

ホースソルジャーとか言って、もっと馬との絆とかかと思ったら、
カレーは飲み物、みたいに馬は移動手段だった。

米軍の協力者の地元の将軍が敵を倒したとき、馬にキスするところだけが救い。

専門家が二年かかると言ったタリバンの拠点を3週間で落としたグリーンベレーの話。
拠点への移動手段は馬だけ。
でも別に馬と人の話じゃない。

地元の将軍に協力しながら少しずつ前進し、飛行機からの爆撃を誘導し、拠点に到達。

将軍との友情や地元の少年との友情もあるけど、映画としての楽しみがなくてつらい。

まあ事実としての記録映画なら、いいのかな。


ヴァレリアン観ました。短い感想。

ヴァレリアンを見ました。フランスのコミックが原作だそうです。
最初はそんな情報まるっきり知らずに、ハリウッド映画だとだけ思って見たんですが。



監督のリュック・ベッソンの作品は「フィフス・エレメント」しか知らなかったんですが、予告がやっぱり「フィフス・エレメント」っぽいなあと。
フィフス・エレメントはヒロインのオレンジ色のヘアスタイルが好きだったが、ヴァレリアンのライターの人のデザインだったんだね。

お話は、いろんな種族が集まっている人工惑星みたいなところに得体のしれない場所ができてて、そこを探索するというもの。
最初に美しい惑星が描かれ、そこが壊滅する様子が描かれているので、そこの宇宙人が関わってくるんだろうな、とはわかる。
この失われた惑星の異星人のデザインが素晴らしい。
真珠色に輝く肌、星の形の虹彩。男女とも中性的なスタイル。
萩尾望都が描きそうです。
それだけにこの惑星の崩壊が残酷。

主人公はヴァレリアンと相棒のローレリーヌ。
このヴァレリアンは若いけど優秀という設定。
でもなんかその優秀さの裏付けが見えない。
人物に歴史が感じられない。
これはたとえば前にTVドラマになった「信長のシェフ」でジャニーズの人が主役のケンを演じたときに感じたのと同じ。
まったくひねりのない、影もくせもない主役で非常につまらないし、重みがない。
新人捜査官とかにしといた方が感情移入できたかも。

で、ストーリーはいろんな危険な目にあって悪者のたくらみを阻止するって一本調子のものなんだけど、その危機の脱出の仕方がなんというか、なんでもありっていうか、こちらにはよくわからない未来の技術や未知の生物を使う方法で、こちらもまっすぐな都合がよくて、たとえばくらげを頭にかぶったら相棒の最後に観たものがトレースできるとか、やばい場所に潜入するのに、変身できる異星人の力を借りるとか、なんていうか最初からすべて答えが用意されているって感じで、スマホゲームみたいにタップすればすべてOKって感じでハラハラ感が全然ないんだよね。

でもまあ、面白くないことはなかった。
映像は素晴らしいし、なにより失われたパール人と、変身できるバブルちゃんがかわいくてすてきで。
タコ型のバブルちゃんも人型のバブルさんも素敵でした。

ところでパール人に関しては全然キャスト出てこないんだけど、あの人たちは全員CGなんですか???


映像は最新鋭だけど、話は古き良きSF,スペオペって感じで、最近のスタートレックより懐かしい感じがしたんだけど、それは原作のコミックの持つイメージなのかな。

逆に「シェイプオブウオーター」は時代が1900年代初頭なのに、新しい感じがした。
これは監督のセンスってものなのかな?

ヴァレリアン原作コミック
ヴァレリアン (ShoPro Books)
ピエール・クリスタン
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 9,770






IT を観ました。簡単な感想。

「IT」を観ました。
以前テレビドラマになってたやつも観たし、原作も読んでいます。

IT〈1〉 (文春文庫)

新品価格
¥1,026から
(2017/11/18 22:48時点)



ITのピエロの正体に実は大いにがっかりしたんだけど、今回の映画はあれから時間もたっているし、ラスボスも納得のデザインで出てくるかと思ったら………第一章だった!

ああ、そうか、大人になったときのをまたあとで作るんだよね、そうだよね。

というわけで「IT」は妹の旦那を誘っていきました。
相方ちゃんも妹もホラー嫌いなんだもの。



でもITはホラーっていうよりジュブナイルで、そんなに怖くないのね。
子供が怖い幻覚をピエロが見せてくるんだけど、子供たちがみんなで「わー!」「きゃーっ」って言ってると、あまり怖くないんですよ。
まあ洋画のホラーって大体が「わっ」ってびっくりさせるものだから。

だから「IT」も、子供たちが7人でわちゃわちゃやってるのが楽しい。
1人下ネタ連発のおしゃべりな子がいて、この子は怖いものなかったから、ピエロも困ったんじゃないかな。
みんなで話し合って少しずついろいろとわかっていくところとか好き。

it.png

それにしてもアメリカの学校って、同じクラスにずいぶん年齢差のある生徒がいるんだね。
いじめられっ子たちは小学生で、女子は中学生くらいに見えるし、いじめっ子は高校生くらいだし。
じっさい高校生なのかな、車運転してたから。
高校生が小学生いじめるなよ、マジに。

あと、ピエロが迫ってくるとき、顔をぶるぶる振って迫ってくるのはまったく怖くないので、逆に笑えるからやめろ。

そしてラストで子供たちがピエロをボコボコにするのは、あれは子供の夢だよね。
恐怖より怒りで、友達を思う心で、手の届かなかった敵をやっつける。

初恋のどきどき感とか、理不尽なことに対する怒りとか、子供らしくて楽しかった。

自転車、川辺、採石場、ドラッグストア、夏休み、初めてのキス、ロマンチックなポエム。
ああ、なんかキラキラしてるね。


ほんとにこれは中学生とか小学校高学年に見せたいんだけど、R15が残念だなあ。
ちなみに映画館は日曜にいったら、若い人でいっぱいだったよ。
いつもガラガラの映画館しか知らなかったから、富山の映画館心配だったけどよかった。

イット [Blu-ray]

新品価格
¥982から
(2017/11/18 22:49時点)





ブレードランナー2049 簡単な感想

「ブレードランナー2049」を観た。

前作の「ブレードランナー」は私には衝撃だった。
あの街、あの世界観に酔いしれた。
SFとはこれだと思った。
(まあ、「未知との遭遇」見ても、「ミクロの決死圏」観てもそう思ってたんだけど)

SFで近未来なのにしっとりとして切なくて美しくて。

以下ねたばれもあります。

br11.png
※「ブレードランナー2049」より

今回の2049は確かに続編だった。
前作が街中だけの話だったのが地方に行き、この世界がどうなっているのかを見せてくれた。
(おそらく)ラスベガスの砂漠化した風景。巨大な女性の像の荒廃した土地のデザイン。
ちょっとメビウスやファンタスティックプラセットをほうふつとさせるイメージ。

まあいろいろと説明されていないところはあるんだけど、
そもそも主人公がレプリカントっていうのがな。
なに? 新型のレプリカントってどういう扱いなの?
子供時代があるの? それは植え付けられた記憶だけなの?
大人の形としてあの子宮のようなものから生まれて、与えられた記憶を飴玉のように大事に大事に抱いて生きていくの?
何年の寿命なの?

前作ではルトガー・ハウワー演じるレプリカントは4年間の生をどうにかしたくて脱走してたけど、新型は何年なの?
そして娼婦として町をぶらぶらしててもいいわけ?
そういう世界の説明がまるっきりないのですよ。

もともとすっごく長かった映画を短くしたらしいんだけど、これ、もしかしたらドラマでやった方がよかったんじゃ。

後半主人公と敵レプリカントとの延々戦いになるんだけど、結局、新型レプリカントの生みの親とは、ハリソン・フォードがちょこっと対面しただけで、別にレプリカントの未来を変えたわけじゃないし。

なんかこう、イメージ優先で話がミニマムっていうかー。

でもラストシーンの切なさは前作のラストシーンの切なさとかぶっていてとてもよかったし、ハリソン・フォードが自分の子供に会うシーンはもうその表情だけで泣けてきたけど、なんていうか、物語をちゃんと見たい私としてはどうもこう、説明不足で中途半端!って感じでナー。

いまひとつ絶賛できないんだけど、同じ感想の人はいるかしら。

ブレードランナー ファイナル・カット [Blu-ray]

新品価格
¥1,071から
(2017/11/18 22:29時点)




それにしても、あのレイチェルがそのまんま出てきたのはびっくりだわ。
本当にCGとは思えない、生きた人間そのまんまだったよ………。


ドリーム 見ました。感想をちょこっと。


drm.png

NASAで働く黒人女性たちが、差別を乗り越えがんばる話。



アメリカ映画らしくなく、エキサイト! って感じではなく、抑えたふうに捕ってあるんですが、
間にヒロインのロマンスいれたりというサービスはあります。
ただヒロインが三人の子持ちのバツイチであまり美人ではないのですが。

NASAという最先端の現場でも、ロケットが月へ行く前は、あんなに露骨な差別があったんですね。
ヒロインが差別の怒りを爆発させるのが「トイレ」という人間にとって切実な問題だったのがすばらしい。
だって「トイレ」って人種も―――いや、人間も動物もがまんできない問題だものね。
犬だって、トイレの場所替えたら困るもの。

トイレに行くたびに800メートルも走らなければならないヒロイン、トイレの個室にも計算用紙を持ち込んで
ヒールで走ってがんばっているのに、「いつもどこへ行ってるんだ」って怒られたらそりゃブチきれますよね。

そのあと、理解ある上司がトイレにつけられた「カラード(有色人種)」の看板をハンマーでぶち壊すんだけど、
この人その前にもIBMのコンピューターが部屋に入らないからってハンマーでドアをぶち壊してたんですよ。

このための伏線だったんだけど、とりあえず解決策がハンマー。

NASAなのに、原始的。

ちょっと驚いたのが、この時代、つまりロケットが月に行く前に使われていたコンピュータ言語が
「FORTRAN」。
FORTRANってついこないだ、とはいえ、30年くらい前まで使ってたよね。
たしか私が最初の会社に入った時も使われてた。
そのあとコボルやベーシックなんかも会社で言われだして、結局C言語に落ち着いたんだけど、
ベーシックを習ってた私にはC言語はまったく理解できなかったなあ。

この映画の最大の見せ場はヒロインが数式をずらずらっと描くところなんだけど、
他にも別な部署で働いていた黒人女性たちが、フォートランを勉強しまくって
コンピュータールームに意気揚々と現れるところ。
廊下の角をまがってダンダンダンと女性の集団が歩いてくるところは、まるでバトルシップで
じいさんたちがミズーリの船上にあらわれるところみたいだったよ(笑)!
たしかに彼女たちは戦士だね。

IBM編の予告動画


この映画は「夢を抱き続ければ叶う」んじゃなくて
「夢を持って努力し続ければ叶う」ということをはっきり見せている映画。
NASAという舞台が努力が認められる現場だから。

ちょっと残念だったのが、NASAの黒人女性たちは出てくるんだけど、
同じころに働いていた黒人男性たちが一人も出てこなかったlこと。
彼らも働いていたんだろうけどなあ。

AMAZON

ドリーム NASAを支えた名もなき計算手たち (ハーパーBOOKS)

新品価格
¥1,080から
(2017/10/12 08:46時点)



楽天

ドリーム NASAを支えた名もなき計算手たち (ハーパーBOOKS) [ マーゴット・リー・シェタリー ]

価格:1,080円
(2017/10/12 08:46時点)











新感染 簡単な感想

新文芸座に大林信彦監督の火曜サスペンス劇場「麗猫伝説」を観に行くついでに打ち合わせを2本いれた。
さすがに日帰りは無理なので1泊。ということはもう1本映画が見られるね! ということで、富山では上映していない「新感染」を見ることに。
あまり情報はなく、韓国のゾンビもの、すごくおもしろい、という情報だけ。
でも「すごくおもしろい」が重要だよね。



全日予約ではあまり席はうまってなかったんだけど、映画始まったらけっこう席が埋まった。

で、観た。

泣いた。

号泣まではいかなかったけど目頭が熱くなった。

自分のことしか考えてなかった主人公が、生き残りをかけて人々と協力してゆくうちに、育む友情。
そして娘に向ける愛情。
嫁さん大好きな肉体派、純情野球部少年、人のことばかり思いやるおばあちゃん、ほんとに自分大事な会社員、乗客を守ろうとする運転士。

走っている電車の中、ゾンビ満載の車内を突破する主人公たち。
ゾンビにもお約束の弱点はあり、それをうまくついて車両移動するんだけど、ほんとにもうハラハラするのね。
ゾンビがあまりグロテスクじゃなく、元気いっぱいなのでさほど怖くはなかったのもよかった。
というかソンビ映画ってホラーじゃないよね、パニックものか。

映画観てて思ったのが、韓国って日本と同じだなあって。
町や電車も人も住まいも考え方も。

ニュースでいろいろと日本と韓国の間に問題あって、私も韓国や中国と聞くだけで「怖い」「ずるい」「悪い」と思っちゃうんだけど、
(中国製品は粗悪だろうと眉をひそめたり、韓国は結局日本にお金をたかってるだけじゃないかって思ったり)
でも、映画を見てそこに生きる人たちを見ると、私たちと同じだと思う。
そういう意識ができただけでも、この映画は見る価値があった。

東京でも上映している映画館は少ないけど、これだけ人気でたら増える可能性あり。
もし富山で上映されたらもう一回観に行くよ!

新感染 ファイナル・エクスプレス (竹書房文庫)
NEW Next Entertainment World
竹書房
売り上げランキング: 16,767




バーニング・オーシャン観に行った 簡単な感想。

レディースデーにいったんだけど、私一人だったよ!!
1日1回上映でレディースデーだというのに、19時半上映だというのに!!

富山の人間は映画を観ないのか!!

といったら、「そんな映画観に行く女いないよ」と言われた。

えー??

bo.png

2010年にメキシコ沖で起きた油田事故の映画なんだけど、
あんな巨大な施設が海に浮いているということ自体が驚き。
パトレイバー劇場版の世界じゃないか。
近未来っぽい施設でも、しかし、確認や作業は人間の手で行っているというのがまた不思議。
そしてこの事故はテストを軽視した起業家のせいで起きた人災。

観ている方は事故が起きるのわかっているから、いつ爆発するのかハラハラしながら観てた。
爆発が起きてからはこの状況でどうやって作業員の人たちが助かるのか不思議なくらいの状況。

スーパーヒーローじゃない、普通の作業員さんたちの命がけの脱出と、最後まで施設の被害を最小限にしようと努力する姿に胸を打たれます。
また機械好きには巨大施設の細かいデティールが楽しめます。

バーニング・オーシャン [Blu-ray]

新品価格
¥3,836から
(2017/9/19 00:53時点)




メキシコ湾原油流出事故の真実 [DVD]

新品価格
¥3,051から
(2017/9/19 00:53時点)









スタートレックビヨンド 簡単な感想

スター・トレック BEYONDを10月28日に東京で観て、おもしろかったので相方ちゃんを誘って11月9日にも観に行った。

st1.png

実は前回のカンバーバッチくんが出た作品は私的にはスケールが感じられなくていまいちだったんだけど、今回のはTV時代を彷彿させるし、スケールもけっこう大きいし、すごくスタトレ的で楽しめた。

かなわない敵をやっつけるのにアナログを使うというスタトレの常套手段。
しかし音楽と爆発がぴったりあうと快感だねえ。
あの宇宙戦でシャウトの部分で敵船隊がいっせいに爆発するところなんか。

相方ちゃんは「なぜ敵船隊にノイズキャンセラーがないのか」としきりに疑問視してたけど
いいんだよ、細かいことは。

ラスト近く、ヤングスポックがオールドスポックの私物を開けるシーンで涙した。

てか、TVのスタトレ観てた人はみんな涙しただろうな。
惜しむらくは映画版の赤いユニフォームじゃなくてTV版の黄色のユニフォーム着ててほしかったなあ……。

あ、これ欲しいなあ、買おうかな。セール中だしな。

スター・トレックⅠ-Ⅹ 劇場版BOX [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2011-02-25)
売り上げランキング: 2,488


スター・トレック BEYOND [Blu-ray]

新品価格
¥1,606から
(2017/9/19 00:51時点)





新文芸座で「マッドマックス怒りのデスロード」VS「パシフィック・リム」

怪獣とメカ、特撮好きにはたまらない二本立て。

新文芸座自慢の音響が腹に堪えます!

以前の感想はこちら→「パシフィック・リム ロボットと怪獣映画フォーエバー」
            →「マッドマックス 怒りのデスロード 感想 ちょいネタバレ」

160730_120640.jpg

パシフィック・リムはやっぱり空中で怪獣をぶったぎるシーンがかっこいいなあ。
あ、タンカーをひきずって現れるところも捨てがたいけど。
「見栄」をとるところが日本のアニメを踏襲してていいですね。

160730_120626.jpg

マッドマックスはパシリムのように「ここがかっこいい」というシーンはないんだけど、
連続して流れるようなアクションがすてき。
車を走らせながらのガンアクションとか。

長い棒に乗ってひゅーんひゅーんとつっっこんでくるところなんて
もう笑うしかない。

バイク集団がヘルメットとるとばあさんたち、というのもかっこいい。

160730_120607.jpg

となりに座った男性がイモータン・ジョーが出てきたり「V8をたたえよ」というたびに
指を組んでいたのが印象的。
前にキングギドラが出てくるたび前のめりになってた男性を思い出す。

パシフィック・リム【Blu-ray】 [ チャーリー・ハナム ]

価格:1,500円
(2016/7/30 16:00時点)
感想(10件)




マッドマックス 怒りのデス・ロード【Blu-ray】 [ トム・ハーディー ]

価格:1,500円
(2016/7/30 16:01時点)





「パシフィック・リム」は続編が作られているそうで、「インデペンデンス・ディ」みたいにあれから数年後、再び侵略者はやってきた……という話になるのかな。楽しみだ。

さあ、来週は「シン・ゴジラ」と「ロスト・バケーション」行かなきゃ。




プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON