FC2ブログ
HOME   »  洋画
Category | 洋画

ヒッチコックの「鳥」

先日ひかりTVでやってた「鳥」を録画して観た。
子供の頃に見てすごい怖い印象があったので大人になって改めて観たら。

人物描写が素晴らしいわー!

ヒロインのかわいらしさときたら!
いたずら好きなヒロインが、自分をからかった男をびっくりさせようとその男の車のナンバー覚えて父親の権力使って会社つきとめて、でも休暇で帰っていると聞いたら車で長距離走って、湾の向こうだと言われたらボートを使ってそこまで行って、びっくりするのをボートから覗いているんだけど、そのヒロインのわくわく感が見ているこっちにも伝わって思わず微笑んじゃう。
「僕のことが好きになったんだろ」といけしゃあしゃあというヒーローもどんどんかっこよくなっていって、そのヒーローにべったりの母親や、かわいい妹、近所に住んでいる元カノとか、とにかく人物の配置がみごと。

鳥はもちろん怖いんだけど、小出しにちょっとずつ被害が大きくなっていくのがこれまたうまい。

襲ってくるときはさすがに今見るとつくりものめいているけれど、ドアを開けるとずらっと並んでいるところは、これCGじゃないんだぜ、すげえ怖い。

ところで映画のラストシーンで、こんなに鳥に襲われてたのに、町から逃げ出すとき、ヒーローの妹が自分のペットの鳥を一緒に持っていきたいと言う。
「この子は違うと思うの」って。
子供の頃TV観たとき、映画解説の淀川さんだと思うんだけど、そのシーンを指して「ヒッチコックの人間の描き方がどうこう」と言ってたんですよ。
たしかにあれだけ鳥に脅威を与えられているのに自分のペットは「違うと思うの」で持っていくというのは、
人間の傲慢なのか、愛なのか、信頼なのか、取りようでいろいろだなあと。
ヒッチコックは答えを出していないので、見ている人がそれぞれ思うところがあるんだろうな。

あと、ヒロインが鳥に襲われた後、放心状態になってまるっきり無表情になるんだけど、このとき、すがりつくのがヒーローじゃなくてヒーローのお母さん。
お母さんは最初ヒロインにいい感情を持ってなかったんだけど、頼られると愛情を感じて守ってあげるんです。
前半でヒロインが母親に捨てられた話をしているんで、ヒロインが心の中では母親を求めていたという描写につながるし。

ヒッチコックの脚本はほんとに隙がないなあ。

今日、妹が言ってたけど、今年だか一昨年だか、この鳥を3Dで上映したらしくて、それを観に行った人が生きた心地がしなかったくらい怖かったらしくて、映画館の中では手をばたばたさせて鳥を振り払う人多数だって。
いや、これ3Dはやめようよ。

そういや最近鳥の死骸よく見るなと思ったら、どうも猛禽ちゃんが一羽山から下りてきたらしい。
うちの猫がふくらんでいる正面と同じくらいの大きな猛禽ちゃんだった。

プライムビデオで観られます。

鳥 (字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/12/29 20:32時点)






ドクター・スリープ 観た。簡単なあらすじと感想

映画「シャイニング」の正統な続編ということで観に行った。
事前に「シャイニング」もちゃんと観て予習。
昔、テレビでしか見てなかったからね。
「いま、いいアイデアが出そうだったのにお前がきたから書けなくなった!」と妻を怒鳴りつける最低な作家旦那の話。



で、その父親に斧で追いかけ回されたダン(ダニー)は父親と同じアル中になって45才。

映画の筋は、そのダンと、超能力者の少女と、彼女を狩ろうとする超能力者集団の三つの視点で進むので、ちょっと混乱します。

ダンはなんとか断酒会に入ってホスピスで介護士として仕事をし、自分の能力で死を恐れる老人たちを安らかな眠りに導く。
ドクター・スリープというのはここからきてるんですね。

超能力者集団は自覚していない超能力を持つ子供をさらっては殺して精気を奪っています。
しかも苦痛を長引かせて殺したほうが精気の質がいい、という胸糞集団。
なので後半どんどん殺されてもまったく同情の余地なし。

超能力少女アブラはさらわれた子供が殺される場面を幻視し、その存在を悟られます。
でも彼女はその集団に立ち向かおうとして、前からテレパシーで通じ合っていたダンに助けを求めます。
ダンは最初、おとなしくしてろ、隠れてろと諭しますが、自分を助けてくれた黒人のおじさん(この人も前作と似てる!)に説得され協力することに。

アブラは今までのヒロインと違っていい子なんだけど、やられたらやりかえす、くらいの気概を持っていて、集団のボス・ローズを出し抜いたことを得意げに語ったり、死にゆく悪党に「痛いといいけど」と言い放ったりする。

こんなアブラと能力解禁のダンが、集団を迎え撃ち、最後にボスのローズと対決するために、あの忌まわしいホテルへ。
なぜなら、キングコング対ゴジラのように、貞子VSかやこのように、強い敵には強い敵をぶつけるためなんですね。

なるほどー、それで戻るんだ。

そんなわけでホテルはラストにちょっとしか出てこないので、シャイニングのようなゴシックホラーを期待するとちょっとがっかり。
わたしも全然怖くなくてがっかり。
超能力合戦は面白かったけど。

でももし私が脚本家だったら、ラストでダンを助けるためにジャック・ニコルソンが斧を持って悪霊たちに殴り込みに来るように書いたなあ。原作でもジャックは最後には自分を取り戻して妻子を助けるらしいし、そのほうがよりドラマチックじゃない?

それにしても能力者たちの目が光ったり、能力使うとき白目むいたりするのは、わかりやすいけどそれやるととたんに60年代映画になっちゃうね。

amazonビデオで観た ↓

シャイニング (字幕版)

新品価格
¥199から
(2019/12/11 21:00時点)




ジョン・ウィック2 観た

「ジョン・ウィック チャプター2」 こちらもTVで。

1作目より犬分増えていた。
前の子とはまだ心通いあってなかった気がするけど、今回のピットブルは忠誠心があるみたい。
しかし、もしかして5日くらいしかたってないだろ?

なのにこんなにしつけ入ってるの?
リードなしでおすわり、待て、できるの?

相変わらずアクションはかっこいい(4倍速)。

そしてラストシーン、犬と一緒に逃げるジョン・ウィック。

犬と一緒に!

どうやって犬と一緒に戦うのか、こうなったら3作目は劇場で。

しかし富山ではもう終了していたのだ。




ジョン・ウィック 観た

ひかりTVで「ジョン・ウィック」観た。
亡き妻からの贈り物の犬を殺され激怒してロシアン・マフィアを壊滅させる殺し屋、ということで、どんなに犬をかわいがるのかと。

ジョン・ウィック愛犬の日特別映像


確かにかわいがっているけど、ちょっとだけだったー。
もっとあまあましているのかと思ったのに2日くらいだ。
ボール遊びするとかプールで遊ぶとかあるかと思ったのに!

それにしても流れるようなガン・アクション、かっこいいですね。
銃体術とでもいうのか。
必ず頭に2発撃ちこんでいるのがえぐいですね。

そしてラストシーンで犬の保護施設みたいなところに入り込んで新しい犬を。
やりすぎでは(笑)。
でも、きっと孤独なジョンの戦いのご褒美に脚本家が考えたんだよね。

あんなにズタボロだったのに、犬の檻の鍵あけるし、リード持つとしゃっきり歩くし、犬がいれば最強なのか。

続編ではさらに犬との絆が描かれるようなので、続編も観ようかな。

(しょうじき、アクションシーンは4倍速で観てました(笑))

ジョン・ウィック 1+2 Blu-rayスペシャル・コレクション(初回生産限定)【Blu-ray】 [ キアヌ・リーブス ]

価格:4,334円
(2019/11/26 21:47時点)
感想(2件)






トールキン 旅のはじまり 観てきた

「トールキン」見てきた。



悲惨で苦しい戦争のシーンと、楽しく切ない学園生活が交互に。
パブリックスクールではもちろん大学生になってもわりとやんちゃなトールキンたち四人の仲間。
互いが互いの才能を信じ、芸術の力で世界を変えるクラブを作る。
失恋したり警察に捕まったり勉強ができなくて奨学金を打ち切られそうになったり。
つらく苦しい戦場を進むシーンはまるでフロドとサムが指輪を滅ぼしに火の山へ向かう行程のよう(そばにいる下士官の名前はサム)。

torukin.jpg

 帰国したトールキンは子供たちに物語は話始める。これは仲間の物語ーー。

 トールキンのペンが最初の一文を書き出す。

”地面の下のあなぐらにすんでいる、かれらは”

「ホビット」

 世界はここから作られた。

言語を一から作るのはむずかしい。
トールキンもフィンランド語を参考にしたと言語学者の師に話している。トールキンは美しい響きの言葉にこだわっていたようだが、言葉には意味がないといけないと言われる。
日本語は音と意味が一致している珍しい言語だ。「あ」という音は「あ」を表し、それに漢字ひとつでさまざまな意味を持たせることができる。
それゆえ、五十音さえ覚えれば、誰にでも物語を作ることができる。
私たちはおそらく、世界の中で最も容易に世界を生み出すことのできる恵まれた環境にいるのだ。
だからよりたくさんの世界を物語を、わたしの前に広げてほしい。

文庫 新版 指輪物語 全10巻セット (評論社文庫)
J.R.R. トールキン 瀬田 貞二 田中 明子
評論社
売り上げランキング: 20,324




「アラジン」短い感想

もちろんアニメのアラジンも見ていたんだけど、実写版おもしろかった。



やはり生身の人間の踊りは迫力がありますね。
プリンス・アリのミュージカルシーンなんて観ててワクワクしちゃいましたよ。
そういえば洞窟の中での人形ダンス、あれ、ぜったいCGだと思ったけどちゃんと生身で踊ってんのね。
人形の腕をくっつけて動いていたからほんとに人形ぽかった。

アニメと違って人間が演じることで、気持ちの伝わり方がやはり違う気がします。
とくにラストのアラジンがジーニーを開放するところのジーニーの表情がすばらしい。
さすが、ウィル・スミス。
青いだけじゃない。

あまりに楽しかったので、知り合い人の子の四歳児を誘おうかと計画中。
スマホで動画ばかり見ている子だけど、大画面で見せたいなあ。

アラジン 3部作 完全BOX [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2005-05-18)
売り上げランキング: 16,170




ゴジラ キングオブモンスターズ 観た!!!

ゴジラ キングオブモンスターズ 観に行きました。
初日で観たかったんです。

いやあ、超! 超! 超! よかった!!

怪獣映画はこれだぜ! という感じ。

Pen+(ペン・プラス)『完全保存版 ゴジラ、再び。』 (メディアハウスムック)

CCCメディアハウス (2019-05-25)
売り上げランキング: 258


前作のゴジラがゴジラなかなか出ないし、最初に出た金属っぽい怪獣がけっこうもっていったし、軍人さん主役だし、ゴジラがなんか主役の人と通じ合ってて、なんか違うって感じだったんですよね。

でも今回のは正しい怪獣映画。
冒頭から怪獣がどんどん出てきてワクワクします。
なによりいいのは人間側の主役が科学者だということ。
軍人は怪獣を駆除対象としてしか観ませんが、科学者は観察です。じっくり見ます。
つまり視聴者もじっくり見られるわけです。
そして科学者はいろいろ考察してくれます。それも私たちは知ることができるわけです。

ストーリーはまあいろいろつっこみどころもあるんですが(なんで少女が重要な機材持って逃げ出せるんだよ、とか、あれだけ攻撃受けてて主役はどうして生きてるんだよ、とか、やだ、エマ博士の考え方極端すぎ? とか)、

人間が地球環境を害する寄生虫だとか
失われた古代文明とか
伝説の怪獣とか
それを継承している一族とか
怪獣殿下にひざまずく怪獣とか

なんかこう中二の妄想をまじめにやっているところが素晴らしい。

前にも書いたけど(ラドン)怪獣映画には美しさがないといけないんです。
それがこの映画はもう美しさだらけ。
モスラが滝から出てくるシーン、ギドラが氷の下から出てくるシーン、ラドンが火山から出てくるシーン、ゴジラとギドラの戦い、ゴジラの稲妻………もうオンパレードですよ。

ゴジラ映画といえば生瀬さんのポスターなんですが、生瀬さんの絵はシーンそのものじゃなくて、そこに生瀬さん独自のイマジネーションが入って映画より美しいじゃないですか、それですよ。

その生瀬さんの絵がそのまま映画で動いているんです。

ゴジラジェネレーション (Character′s art collection)
生頼範義 開田裕治
モビーディック
売り上げランキング: 440,804


そして、ゴジラとモスラが出てくるシーンではちゃんとゴジラとモスラのテーマが流れて感動です。

モスラはデザインが少し変わっていて、モスラは基本「蛾」なんですが、それに蜂の要素が付け加えられているんですね。
バトラもなかなかバトル向けでしたが、どうして蜂をとりいれなかったのか?
蜂が入ることで足とかシャープだし、ウエストのくびれも美しく、まさに怪獣の女王という風情でした。
武器も追加されてたし。
(しかし成虫で糸を吐くのはちょっと反則技だ)
幼虫時のモスラもかわいかった。

ラドンは元祖映画では羽ばたきだけが武器で戦いはちょっと退屈と前のブログで書いたんですが、今回はその羽ばたきがかなりグレードアップしてて魅せてくれたし、回転しながら戦闘機を襲うシーンもすごかったし、脱出装置で脱出したらあんなことになったりして見せ場がたくさんありました。
火山の上で見えをきるラドンかっこいい!

怪獣がたくさん出現するんですが、予算の関係かクモンガとマンモスばっかりみせられてちょっと残念。
バラゴンとかエビラとかゲソラとか見せてほしかった。
17体出るってことなのでなにが出るのか書いてあるかなとパンフ買ったけどなかった………。

あ、パンフは通常版と特装版があるんですが、私は特装版しか買ってないのではっきり言えないんですけど、たぶん、ケースとイメージイラストが追加されてるのかな。200円しか違わないので、イメージイラスト満載の特装版の方が買っていいかも。

とにかくゴジラは素晴らしく面白くて「貞子」で感じてたモヤモヤを吹き飛ばしてくれました。
たぶん、もう一回、二回、観に行く。
吹き替え版も観たい。
そしてみんなが見終わった頃、芹沢博士について語りたい………。

しかしこのゴジラはゴジラ愛よりはゴジラ映画愛あふれた作品なので、過去のゴジラ映画を見返したくなります。
あと音楽サイコーなのでCD買おう。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(オリジナル・サウンドトラック)
ベアー・マクレアリー
ADA (2019-05-31)
売り上げランキング: 267








名探偵ピカチュウ 観に行った。簡単な感想。

西島秀俊が上手でびっくりした!

ゲスなおっさんのしゃべりをたのしそーに演じている。
わりと字幕派なんだけど西島秀俊聞きたくて(笑)。

字幕だと文字数制限があるから、あのピカチュウのおしゃべりをどこまでフォローできてたのかな。
字幕版もちょっと観に行きたい感じ。

宇宙人がCGで違和感なく描かれるならポケモンもまったく違和感なくつくれるんだろうな。

しかし主役を会社員にする必要があったのだろうか?
ぜんぜん子供みたいでずっと会社を休んでいるけどいいのか?
というか、最終的には探偵になるって、やっぱり仕事をしている必要があったのか?
主役がスパイダーマンバースみたいに学生なら、もっと子供向けになったんじゃないのかな。

記憶喪失のピカチュウ。
行方不明の父。
ポケモンを狂暴化させる薬。
ミュウツー。

いろいろ魅力的なキーワードで楽しい映画でした。

ポケットモンスター ポケモン 名探偵ピカチュウ ぬいぐるみ おもちゃ ふわふわ 高さ約28cm [並行輸入品]

新品価格
¥2,744から
(2019/5/16 00:01時点)






キャビンを見た。 簡単な感想。

録画していた「キャビン」を見た。
以前から爆笑ホラーと言われていたんだけど、爆笑というか、開いた口がふさがらないというか。

若者たちが森の中のキャビンで遊んでいるとゾンビに襲われて……、という触れ込みだが、冒頭からなにか科学的な施設のスタッフが出てくるので、かなり早い時期からこのスタッフたちが若者たちを追いこんでいく実験なのだな、とわかる。
このスタッフがかなり大勢いて、大掛かりな施設だとわかる。

若者たちが死ぬ方法は彼ら自身がいろいろな罠の中から選ばされるんだけど、なにを選ぶかをスタッフが賭けていたりする。
死ぬ方法はあらゆるホラー映画に出てくる怪物たちに襲われるというスタイル。
これが半魚人がいたり、ゾンビがいたり(ゾンビとゾンビ一家は違う)、狼男がいたり、でかいミミズみたいのや、幽霊や、お面人間や、ピエロや、とにかくあらゆる怪物、殺人鬼。
この怪物たちがフィギュアみたいに四角いガラスケースに入って並べられているところはすごくアメージング!
このシーンはラドンの火口墜落くらいすばらしいイマジネーションにあふれている。

不気味なのは、なぜ、こんなちゃんとした施設で出来の悪いホラー映画の体をしたスナッフムービーを作るのかが、ラストまでいかないとわからないところだ。

そして人類滅亡へといたる壮絶なラストシーン。
まさか森の中のキャビンで過ごす週末スプラッタがそのままSF終末ものになるとは。

この衝撃的すぎるラストシーンはぜひみてあっけにとられてほしい。

それにしても日本の施設で行われていた実験で、9歳の小学生(女子だけ)のクラスの怪物が、「どんぐりころころ」の歌で鎮められてしまうシーン、これを1本で観てみたいよ。

amazonプライムで見られるのかなーと思ったら見られた ↓

キャビン(字幕版)



キャビン スペシャル・プライス [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2015-06-02)
売り上げランキング: 16,362



ファンタスティックビースト簡単な感想

観終わって一言。

「おわってないやーん!!!」


まあ長編のハリポタのシリーズなんだから予想されたことだったんですが、ほんといろいろと風呂敷広げて次で収集かよ。

わたしは人間のジェイコブが好きなので彼にはぜひ幸せになってほしい。
しかしジェイコブは、恋人のクイニーが敵陣に行きそうになったとき、強引にディープキスして、ぽーっとなったところを「俺についてこい!」と言えばすべてまるくおさまったのに!

人間のジェイコブがまったく役に立たないのは観ててイライラするなあ。人間だからこそのなにかメリットがあるかと思ったのに、魔法使いは魔法が使える人間だから、生物学的には同じだしなあ。
まあ人間はひとつきりの命とか、怪我したら動けないとか濡れたら冷たいから避けるとか、そういう意識が働く以外にないのかな。

魔法動物の描き方はたいそうかっこよく美しかったですが、ニュートが自分の魔法動物を使うシーンが少なくて不満。後半で活躍するのかな?

展開が早いのとキャラクターが多すぎて混乱する。私はハリポタは二話までしか観てないからなあ。
全話みている人はまた違う感想なのかも。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 映画オリジナル脚本版 [ J.K.ローリング ]

価格:1,728円
(2018/12/15 21:13時点)
感想(1件)




プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON