HOME

小説を書くことを生業としながら、紙や電子の海でとっちらかってる毎日


YBSラジオ「1ミニッツ ストーリーCMアワード」

YBSラジオ「1ミニッツ ストーリーCMアワード」というので1分のCM用脚本を応募していた。
山梨にあるお店のCMだって。
仕事が終わってハイになった頭で3本ほど応募。
こういうのならいくつでも考えられる。
通るかどうかわからないけど。

時計店CM

時計の音 チクタクチクタク……(FO)

父「すみません、この時計をお願いします、贈り物で……」
店主「はい、承知しました」
父「贈る時期がくるまで預かってもらってもいいですか?」
店主「もちろんですよ、贈られる相手の方は……」
父「娘なんです」
時計の音 はっきりと。

結婚式の鐘の音 リーンゴーン

母「おめでとう、美和子、きれいよ」
娘「ありがとう、お母さん。今まで育ててくれて本当にありがとう」
母「これね。お父さんから」
娘「え……でもお父さんは私が生まれる前に」
母「ええ。お父さん、自分がお前の顔を見られないとわかって、これを買ったのよ。おまえが嫁に行くとき渡してくれって」
娘「これ……時計……?」
母「おまえと一緒にいられない間も、ずっと時を刻んでくれるからって」
娘「……(ため息)」
母「お父さん、お前のことずっと……(嗚咽)」
娘「おとうさん……」

思い出の時を刻む―――藤原時計店


和菓子屋CM

N「父とケンカして出ていった家に、五年ぶりで帰って来た」
SE:玄関の戸を開ける音 カラカラ
娘「……ただいま」
母「よ、美子、お前」
娘「なによ、娘が帰ってくるのがそんなにびっくりすること?」
母「だってお前、何年ぶり……?」
娘「うるさいなあ、いいじゃん、いつ帰ったって……あ、」
父「……帰ったのか」
娘「(小声で)ただいま」
母「美子、お茶でもあがんなさい」
娘「(苦笑)はっ、なに、また桔梗屋のお菓子? よくあきないね」
母「そうだね、あきないよ」
SE:お茶をいれる音 トポポポ……
娘「信玄餅ってさあ、あんまり向こうで見ないんだよね」
母「そう」
娘「こんなの好きだって言うとばばくさいって言われるんだよね」
母「そう」
娘「でも時々むしょうに食べたくってさあ……(嗚咽)」
母「……そう……」
SE:襖の開く音
父「最近は信玄餅がぷりんになったんだぞ」
娘「……へえ(すすりあげる)、そりゃ食べてみなきゃ……」
変わらぬ味、新しい味、桔梗屋の和菓子。

法事関係のCM

SE:鐘の音 ゴーン……
家来「殿!」
家来「お館さま」
信玄「ものども……わが死を三年の間隠せ」
家来「しかし、三年もたったあと葬儀はどうすれば……」
信玄「それはあの……なんとかの窓口に相談せよ、葬儀のことならなんでも気軽に相談できるぞ」
家来「三年たっててもですか?」
信玄「相手はプロじゃ。なんとかしてくれるだろう」
家来「しかし、三年もたてばお館さまの遺体もなくなっております」
信玄「大丈夫じゃ、供養に関するものは全て用意してくれる。わしの遺体もどこからか持ってきてくれるじゃろう」
家来「なんとかの窓口ですか」
信玄「そうじゃ、なんとかの窓口……なんというたかの」
SE:三分クッキングのような音楽
窓口「はい、葬儀の窓口です。そしてこちらが三年たったあとのご遺体です」
家来「まあ、とっても穏やかなお顔」

葬儀のことなら「葬儀の窓口」。でもご葬儀はお早めに。


あ、前に「第10回南のシナリオ大賞」に応募した「唐津奇譚」は入賞しなかったけど一次選考通りました。
選評は「マザーグースの日本版のようですね。とてもよくまとまっています。」でした。
うーん。まとまっているのをほめられても……あまり嬉しくないぞ。

唐津奇譚はこちらから読めます→「唐津奇譚

関連記事

原稿UP! 

今回やばかったやばかったやばかった!
もう最後の1本がどうしてもどうしても出来上がらなくて。
なにも考えられなくて、どうやって話を作っていたのかもわからなくなって!!

1日2回も喫茶店に行ったり、スーパー銭湯に行ったりしてネタ出ししてもでなくって!

喫茶店でプロットたてて(320円のコーヒー)
スーパー銭湯(620円)で寝湯につかって話を組み立てるという
とても燃費の悪い執筆活動をしていました。

「神様の子守はじめました。」5巻 2月発売です!

………ほんとに発売になるのかなー、大丈夫かなー

その間にも漫画だけは買っていたんだけど、

最近の面白かったのは

「ファイアパンチ」
ファイアパンチ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-07-18)
売り上げランキング: 976

消し炭にならないと消えない炎の呪いをあびせられた主人公は、驚異の再生能力の持ち主で、焼けたところから再生して、永遠に燃え続け、苦痛に苦しむという、作者どうかしてんじゃないのというくらい残酷な話なんですが、2巻目から出てきた頭のおかしい映画マニアの女がからんでくると、なんかコメディぽくなってきたというか。
主人公のアグニが復讐を果たせるのか、苦痛から救われるのか、凍りつく世界のなぞはなんなのか、と、興味は広がるばかりです。

「0から始める魔法の書」
ゼロから始める魔法の書(V)<ゼロから始める魔法の書> (電撃コミックスNEXT)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2017-01-10)
売り上げランキング: 578


電撃文庫の人気ラノベの漫画化。
小説読むの面倒だったのでコミックスで。
魔法と魔術の関係が理屈っぽく描かれています。
絵は今一つ迫力がないんだけど、キャラクターにいやみがなく楽しく読めます。

「異世界法廷」


異世界に召喚された弁護士(希望者)。
異世界の世界観の中で日本の法律を駆使。
小説のコミック化ではないのが逆にびっくり。

「鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! 2」
鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! 2
鴻池 剛
KADOKAWA (2016-12-31)
売り上げランキング: 29


けっきょく猫漫画って猫かわいいってだけで終わっていいんだけど、
この漫画はそこにひとつ「アク」のようなものがあって、それがいい。

「ナラクノアドゥ」
ナラクノアドゥ(1)<ナラクノアドゥ> (ファミ通クリアコミックス)
KADOKAWA / エンターブレイン (2016-05-14)
売り上げランキング: 8,124


絵がかっこいい。
主人公がいろいろひどくていい。
ベルセルクのスマート版みたいで、絶対絶命をどうやってひっくり返すのか楽しみ。

「ガイコツ書店員本田さん」
ガイコツ書店員 本田さん 2 (ジーンピクシブシリーズ)
本田
KADOKAWA (2016-12-24)
売り上げランキング: 2,770


とくに残るって話じゃないんだけど、面白いので。
本屋が好きなら一度は読むといい。

続けて買っているのが
「青のエクソシスト」
「ハクメイとミコチ」
「虚構推理」
「進撃の巨人」
「はたらく細胞」
「僕の輪廻」
「信長のシェフ」
「累」
「ふしぎの国のバード」

ここには書いてないけどほかにもいろいろ買ってて、
まあ書いていないのははずれだったわけで、
しかしあたりか外れかって読んでみないとわかんないから
本を買うっていうのはある意味贅沢な賭け事ですね。

IMG_0418_R.jpg

ところでこれは現在のうちの庭なんですが、
一晩で30㎝ってちょっとどうにかしてんじゃないの!

どこにもいけないじゃないのよ!
関連記事

世界一美しいスタバに行きました

駅に行く用事があり、近くのCICにはいっているサイゼリアで食事をしたあと、1Fに行くと三時から日本酒バーをやるという。
二〇〇円で三本試飲ができるらしい。
時間はあと一時間あったので、「そういえば世界一美しいスタバってこのへんにあったよね」と駅の北口に行く。

環水公園というところにそのスタバはあった。

2017010701370000.jpg

スタバもきれいだけどなによりロケーションがすばらしい。

スタバの手前はごらんのように運河になっています。

AE9bGD.jpg

水鳥が戯れ、芝生には人が寝ころがり、犬を連れた人が行き交うすばらしい公園。

春には芝生は緑になるんでしょうが、冬のこの黄色く枯れた風情も素敵ですね。

で、コーヒーをいっぱい飲んであたたまったあと、CICに戻って日本酒吉乃友酒造さんのを試飲して、新酒を購入。
そのあとB1の日本酒バーで本醸造をいろいろ飲み、家に帰って即寝。
夜中に起きて原稿やって、今一息ですわ。

原稿は「神様の子守はじめました。」五巻。
今佳境です。

これが終わるまでしばらくブログはお休みします~。


関連記事

時代小説を投稿しました

昨年から「小説家になろう」に時代小説を投稿していました。
予約投稿なので自動的に更新されるのですが、
昨日完結しました。
よろしければどうぞ。

子育て若様

長屋暮らしの若様が子供を育てるお話です。
全四話でそのうちの1話目。

自分ではなかなかおもしろいと思うのですが、いかがでしょうか?
人情とアクションの時代小説です。

既刊もよろしく!

おとぼけ同心と小町姉妹―ギヤマンの花 (コスミック・時代文庫)
霜月 りつ
コスミック出版
売り上げランキング: 666,947


若さま人情帖―颯爽!龍之介登場 (コスミック・時代文庫)
霜月 りつ
コスミック出版
売り上げランキング: 572,496



関連記事

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

富山で迎える正月です。
今日は朝から相方ちゃんが親戚のいる東京へ帰って母親と二人です。

今までずっとトイレ、朝ごはん、薬、トイレ、昼ご飯という感じで
今ようやく一息。
足が動かないって大変ね。
それでも歩行器使ってくれるからなんとか。

相方ちゃんや妹が心配して電話やメールをくれる。
「出汁は弱火でしばらくしてフツフツしてきたら止めてください。あとはとろみ剤とかしてね、80mlに1分包です」とか
「おせち冷蔵庫にいれてください。煮しめ、味濃くして必ず火にかけてください」とか。

うん、わたし、料理できないからね。
案の定、出汁に酒入れ忘れたし、おせち出しっぱなしだったし、さっき煮しめにあわてて火をいれたよ!

アーチーのごはんもあげたよ、完璧だよ!

IMG_0378_R.jpg

仕事だけはまだだけどな!

今年もよろしくお願いします。

IMG_0397_R.jpg
この子はうちの庭でうんちをしていく白茶さん。望遠レンズすげえな、こんなに近く撮れる。
関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON