FC2ブログ
HOME

小説を書くことを生業としながら、紙や電子の海でとっちらかってる毎日


高原兄くんとわたし

高原兄くんは富山県民で知らない人はいない富山のアイドル。
全国的には30年ほど前、アラジンというバンドで「完全無欠のロックンローラー」という歌を超ヒットさせた。
サザンの後継者になりうると思っていたのだけど、その後ヒットに恵まれず、ブラウン管(当時のTVはブラウン管)から消えていった。
しかしそのあとも私が帰省するたび、富山の地方番組のそこここに出ていた。

ああ、高原くんは諦めてない、がんばっている、というのが私の励みになった。

私と高原くんは同じ東部小学校の同級生だ。三年生から六年生まで同じクラスだった。
高原くんは当時から歌がうまく、陽気で明るく、クラスの人気者だった。
一方の私はマンガと本ばかり読んでいてクラスの中でも目立たない方だった。
目立たないといってもおとなしくしてたわけじゃなく、先生に生意気な口をきいて一日中廊下に立たされたりしていたし、クラスで最後までわり算が理解できない子供だった(こうすれば割れるというのはわかってもなんで数が割れるのかというイメージができなかったのだ)。

中学に入ってクラスは分かれたが、高原くんのことはずっと覚えていて、アラジンとしてデビューしたときにはびっくりしたが、納得もした。

高原くんは小学校の時の印象のままだった。

そうして全国放送から消えはしても、高原くんは富山でがんばっていた。

私もBL全盛期には毎月締め切りがあるような状態だったが、やがて仕事がなくなった。

1年に1回依頼があればいい方だった。

これでは生活できないので派遣社員になった。それでも小説は書き続けた。オリジナルじゃなく、二次創作だったけど、もりもり書いていた。

やがて電子書籍の話が来て、TLの話がきた。
どちらもあまり売れなかったが、書く仕事ができたのはうれしかった。
同人誌は続けた。書き続けた。

そして時代小説の話がきて、ついにラノベの波がきた!
(実はBLの頃にも富士見や角川でラノベを出したことがあった。しかしそれは売れなかったのか続いての依頼はなかった。)
けれど今、なんとか派遣社員をやめ、小説だけで食べていけるようになった。

時代が私に追いついたぜ!

富山で歌やバラエティを続けている高原くんと同じように、書き続けた私も今まだ書いている。

先日、町内の納涼会でゲストに高原くんが来てくれた。
一度会いたいと思っていたので、自分の書いた小説を持って、会いに行った(営業www)。

高原くんの歌声は三十年まえと変わっていなかった。
場をなごませ盛り上げるトークも、健在だ。
小学校の時の明るい高原君のイメージは変わっていなかった。
私を覚えていたというのはリップサービスでもうれしかった。

高原君、私はがんばっているよ。

高原君もこれからも頑張ってね!

完全無欠のロックンローラー

新品価格
¥250から
(2019/7/17 21:55時点)




関連記事

ちはやふる42巻

ちはやふる42巻、今回も面白かった。
試合シーンはないんだけど、名人戦、決勝戦前の短い期間が緊迫感を持って描かれている。
今回は千早も準備万端と思ったら、最悪な展開に。

個人的に好きなシーンは千早のバッグを持っておねえちゃんが車で駆けつけてくるところ。

前回、千早の人気にもやもやしてたおねえちゃんと微妙な感じになっていたんだけど、千早が大好きなおねえちゃんが千早に優しいところは見ててうれしい。

結局は着替えは間に合わないんだけど、たぶん、一回戦負けたあとに、おねえちゃんの持ってきた着物を着て逆転する展開になるのではなかろうかと予想。
すべてのマイナスはのちほど大きなプラスになるのだ。

かなちゃんも今回、あれ、応援に行かないの?と思っていたので、ちゃんと応援に行けてよかった。
そうそう、勉強なんて積み重ねなんだから1日2日くらいやんなくても急に頭が悪くなるわけじゃないんだよ。

今回は挑戦者たちの緊張がしっかり描かれていて、挑戦者になったことのないわたしもビリビリするくらいだった。

末次先生のこの共感させる力、技術力、センスはすばらしいなあ!

ちはやふる 42/末次由紀【1000円以上送料無料】

価格:475円
(2019/7/17 21:43時点)




みんな思ってると思うけど、この巻の表紙、ちょっと百合っぽい。


関連記事

えんま様とワラシさまの同人誌、コミケに出します!

絶賛商業誌執筆中なのですが、コミケの〆切を決めてしまったので、2日間だけコミケ用に時間をとらせてください。

えんま様とワラシさまの合同本出します。

えんま様は執筆して没にした作品を載せます。
なのでワラシさまだけ書きおろせばなんとか!
ワラシさまはもうネタは決まっていて、「コミケのワラシさま」。

これまで神子たちも明石先生もコミケに行ってますのでワラシさまにも国際展示場に行ってもらいます。

8月10日に参加しますので、えんま様、ワラシさまロスの方(いるのか?)ぜひ遊びにきてください。
神様の子守、明石先生の同人誌も持っていきますよ!

右手が動かないので着物で行けないかもしれませんが、こちらも絶賛リハビリ中です!

えんま様の忙しい49日間 光る藤の頃【電子書籍】[ 霜月りつ ]

価格:648円
(2019/7/16 14:41時点)






関連記事

ドッグランへ行きました

私は免許を持ってないのでなかなか行けないのですが、
妹のダンナの車に乗せてもらって立山町のドッグラン「わんちゃんの広場」へ行きました。

2019070515300001.jpg

はしゃいではいるとまず年上のレトリーバーさんに「わきまえろ!」とガウッと注意されます。
すいませーんと反省すると、そのあとは自由に遊ばせてもらえます。
犬の世界ってわかりやすくていいですね。

2019070515300000.jpg

こちらは大型犬と小型犬に分かれています。
大型犬は小型犬のランには入れませんが、小型犬さえよければ大型犬の方にはいれるらしい。


2019070516030001.jpg

レトリーバーが2頭いましたが落ち着いている子たちであまり遊んでもらえなかったのですが、若いフレブルちゃんがいたのでおいかけっこをして楽しんだようです。

2019070516000000.jpg

KITTは大好きなボール遊びをして満喫してました。

また遊びに行こうね!


関連記事

えんま様3巻 発売されました!

紀伊国屋大和店に行ったらえんま様3巻入荷してました。
お店の人に言って写真をパチリ。

2019070512590000.jpg

ここではまだワラシさまも店頭展開してくれています。

ありがとうございます。

えんま様の忙しい49日間 光る藤の頃 (小学館文庫) [ 霜月 りつ ]

価格:648円
(2019/7/2 13:10時点)










関連記事
プロフィール

霜月りつ@文筆業

Author:霜月りつ@文筆業
白城るた・あるいは 真坂たま、白雪真朱と名乗ってBLやTLやファンタジーを書いてます。最近は霜月りつ名義で時代物も。
主に読書と映画と着物と同人の日々。独断に満ち満ちてマスので、ついてこれる人だけれっつごー。
メールはこちらから。



更新情報や日々の戯れ言を呟いてます。フォローよろしくお願いします。ブログの更新もお知らせします。

人気記事
お役立ち商品紹介(人気記事)
FC2カウンター
crick ! crick !
最新記事
カテゴリー
るたが運営する他サイト
AMAZON